親の意識・意図・想いの重要性

ベットシェアをしているか、していないかという観点だけから研究を進めた場合、親子の絆はどのくらい強いのか、どのくらい親は意図的に(子供のために)そのような環境を作っているのか、という親子間の重要な要素がコントロールされていないものがほとんどです。家の間取りの問題でベッドシェアをしている人から子供の情緒的安定に想いを強く込めている人まで、一言でベットシェアといっても様々な背景があるはずです。

上述したアメリカの研究でも、意図的に6歳までベッドシェアをしていた人たちは、なんとなく慣習的に独り寝をさせていた人たちと比べて、寝ている時間だけでなく、日中の子供との関わり方への態度が違った可能性もあります。

実際、子供の情緒安定には、親との愛着形成が重要であることが多く示されてきており、そのためには、過ごす時間の長さではなく、過ごし方(質)が大切ということがわかっています。寝不足やうつに苛まれて子供と過ごす時間が長くてもいい影響が出るとは考えにくいでしょう。また、いくら長い時間一緒に子供といても、その間、スマホやテレビ、ママ友に夢中になっていたりだと愛着形成はうまくいきません。寝方(独り寝をさせるのか一緒に寝るのか)についても、どちらがいいかは、それぞれの親子ごとで、最適なあり方はどういう形態なのかを考えたうえで、「子供の成長に合わせる」だけではなく、「自分たち親子に合った」選択をすることが最も良いと言えるでしょう。

参考文献
・Caudill, W. & Plath, D.W.(1966). Who sleeps by whom? Parent-child involvement in urban Japanese families. Psychiatry, 29, 344-366.
・上田禮子・中村朋子.(1991).幼児の添い寝:その時代差について.茨城大学教育学部紀要(人文・社会科学,芸術),40,41-49.
・吉田弘道・山中龍宏・巷野悟郎・中村 孝・山口規容子・中澤恵子.(1997).乳幼児の添い寝に関する実態調査.小児保健研究,56(3),466-470.
・Mileva-Seitz, VR, Bakermans-Kranenburg, MJ, Battaini, C, Luijk, MPCM. Parent-child bed-sharing:the good, the bad, and the burden of evidence. Sleep Med Rev. 2017;32:4-27.
・Countermine M, Teti D. Sleep arrangements and maternal adaptation in infancy. Infant Ment Health J 2010;31:647e63.
・Hiscock H. Infant sleep problems and postnatal depressionea communitybased study 107-1317. Pediatrics 2001;107(6):1317e22.
・Teti DM, Crosby B, Mcdaniel BT, Shimizu M, Whitesell CJ. Marital and emotional adjustment in mothers and infant sleep arrangements during the first six months. Monogr Soc Res Child Dev 2015;80:160-76
・Gettler LT, McKenna JJ, McDade TW, Agustin SS, Kuzawa CW. Does cosleeping contribute to lower testosterone levels in fathers? Evidence from the Philippines. PLoS One 2012;7:e41559.
・Okami P, Weisner T, Olmstead R. Outcome correlates of parent-child bedsharing:an eighteen-year longitudinal study. J Dev Behav Pediatr 2002;23:244e53.
・Stein M. Cosleeping(bedsharing)among infants and toddlers. Dev Behav Pediatr 1997;18:408e12

写真=iStock.com

細田 千尋(ほそだ・ちひろ)
博士(医学)

帝京大学先端総合研究機構内にて細田研究室を主催。東京大学大学院総合文化研究科研究員兼任。細田研究室では、素質個人差や、やり抜く力などの個人特性を脳特徴量から定量化し、BRAIN x IOT インタラクションによる、新しいオーダーメイド生涯目標達成支援法の開発とその元となる基礎研究を実施。企業等との産学連携研究も多数実施。内閣補正予算により決定され2021年度から開始された、日本の破壊的なイノベーションに繋がる研究成果を生み出すための「創発的研究支援事業」において全国から採択された約250名の研究者のうちの一人。