不労所得があっても「仕事を断らない」ポリシー

ちなみに私が経済的自由を目指したのは、外資系戦略コンサルでのハードワークに少し疲れたという側面はあるものの、メインの理由は「コンサルよりも自分でやりたい」という動機が大きくなったからです。

その手段として消去法で不動産投資を始め(当時スマホが存在しない時代、副業禁止、会社のPCは監視されている)、1年後に会社を辞めた。

そして自分の経験を広められればと、まずは投資物件に特化した不動産仲介業を始めた。

さらに自分の投資経験をメルマガで発行していたら、たまたま出版社の編集者が読んでいてくれて、「メルマガの内容を本にしませんか」と声をかけていただいたのがビジネス書作家となったきっかけです。

その後は紆余曲折があったものの、現在は不労所得として家賃収入、売電収入、金利収入、ロイヤリティ収入、販売手数料収入などがあり、労働所得として印税収入、原稿料、講演料、複数のスクール運営からの事業収入といったもので成り立っています。

不労所得だけでも生活は可能ですが、それでも私は「依頼は基本的に断らない」を信条としており、やはり「必要とされる」「声をかけていただける」ことは幸せだと考えているからです。

午堂 登紀雄(ごどう・ときお)
米国公認会計士

1971年岡山県生まれ。中央大学経済学部卒。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて企業の税務・会計支援業務に従事。大手流通企業のマーケティング部門を経て、世界的な戦略系経営コンサルティングファームであるアーサー・D・リトルで経営コンサルタントとして活躍。2006年、株式会社プレミアム・インベストメント&パートナーズを設立。現在は不動産投資コンサルティングを手がけるかたわら、資産運用やビジネススキルに関するセミナー、講演で活躍。『捨てるべき40の「悪い」習慣』『「いい人」をやめれば、人生はうまくいく』(ともに日本実業出版社)など著書多数。「ユアFX」の監修を務める。