勉強とは魔法使いになること

もうひとつ、こういう話を聞いたことがあります。「勉強とは魔法使いになること」であると。どういうことか。

たとえばいま40代以上の人が小学生時代にタイムスリップし、友達にスマートフォンを見せたら、皆おったまげるはずです。

昔は、家にはまだダイヤル式の黒い固定電話。大型のラジカセに、カセットテープを入れて好きな音楽を録音して聞いていた。

なのに、スマホの小さなデバイスにすべてが入っていて、ネットもつながるしテキストでチャットもできるし銀行振り込みも株の売買もできる。写真も撮れてその場で見られるし加工もできる、動画を観たり作曲することもできる。

そして友達はこういうでしょう。

「なにそれ魔法の道具じゃん!!」

そしてそのスマホを作ったのはエンジニアやプログラマで、学生時代に勉強してきたからこそ、さらにその上に高度な理論を習得でき、そうした製品の開発につながっているわけです。

勉強をサボっていては、精密機械の実装技術やプログラミング言語などは理解できないでしょう。

それはたとえば、いきなり代数幾何を勉強しても、基礎がなければまったくわからないようなもの。マラソンだって日々の練習という積み重ねがないと走れない。つまり今やっている勉強は、将来魔法使いになれる力をつけているということであると。

……という感じで、私ももし自分の子どもが「勉強したって役に立たないだろ」などと言ってきたら、このように諭そうと思っています。

午堂 登紀雄(ごどう・ときお)
米国公認会計士

1971年岡山県生まれ。中央大学経済学部卒。大学卒業後、東京都内の会計事務所にて企業の税務・会計支援業務に従事。大手流通企業のマーケティング部門を経て、世界的な戦略系経営コンサルティングファームであるアーサー・D・リトルで経営コンサルタントとして活躍。2006年、株式会社プレミアム・インベストメント&パートナーズを設立。現在は不動産投資コンサルティングを手がけるかたわら、資産運用やビジネススキルに関するセミナー、講演で活躍。『捨てるべき40の「悪い」習慣』『「いい人」をやめれば、人生はうまくいく』(ともに日本実業出版社)など著書多数。「ユアFX」の監修を務める。