福山雅治の“年の差婚”は「統計的異常値」

統計的に見ると、いくら男性側が、「僕はもう40代だけど、精子は毎日つくられていてフレッシュだから大丈夫。だから、子どもが欲しい20代の女性たちよ、安心して結婚してください」とアピールしたところであまり意味がないのです。それよりも成婚するために大切な考え方は、自分自身の年齢が相手女性と同じくらいであるか、ということであるとデータは示しています。

それこそ、女性=「赤ちゃん製造機」ではありませんので、精子と結婚するわけではありません。結婚相手となる男性の持つ、夫婦生活力、子育て力を含めた体力・気力・疾病の保有・介護の可能性、時代感覚……「産ませるガソリン」たる精子としてではなく、総合的な人間として判断されているからこその当然の結果ともいえるかもしれません。

天野馨南子『データで読み解く「生涯独身」社会』(宝島新書)

「子どもが欲しい!」「若い女性が大好き!」――。結婚に向けた活動目的がどちらであっても構いませんが、「若い女性に結婚相手として選ばれる」ためには、男性もできる限り若いうちに活動しなければならない、ということになります。0.89もの強い相関があるマッチング現象における例外カップルになるためには、いい意味で、自らが「統計的異常値」を示す存在でなくてはなりません。

たとえば、初婚男性の年の差婚の成功事例で言うならば、福山雅治さんです。彼ほどに、(主観ではなく)客観的にルックスが良く、声も人気があり、さらに突出した経済力もあるなど、女性受けのいいたくさんのアピール力を持っているなどです(このように書いてみると、改めて福山雅治さんがいかに「統計的異常値」を示す存在であるか、ということがよくわかります)。

息子の婚期を男だからと遅く考えがちな母親は、とくにこの統計的な事実を重く受け止めてほしいと思います。「息子はいずれ若い女性と結婚して、子どもを授かることができる」そんな“ガチャポン孫感覚”があるのであれば、すぐにその考えを改めることによって、息子の結婚や孫を持つ夢がむしろ叶いやすくなると指摘したいと思います。

写真=iStock.com

天野 馨南子
ニッセイ基礎研究所 生活研究部 准主任研究員

東京大学経済学部卒。日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)。1995年、日本生命保険相互会社入社。99年から同社シンクタンクに出向。専門分野は少子化対策・少子化に関する社会の諸問題。厚生労働省育児休業法関連調査等を経て結婚・出産。1児の母。不妊治療・長期の介護も経験。学際的な研究をモットーとし、くらしに必要な「正確な知識」を広めるための執筆・講演活動の傍ら、内閣府少子化対策関連有識者委員、地方自治体・法人会等の少子化対策・結婚支援データ活用アドバイザー等を務める。