ピックアップ

2015年12月24日(木)

フランソワ・ペルゴ アワード、今年は上原ひろみが受賞

PRESIDENT Style
  • Social Bookmark,Share
    楽天SocialNewsに投稿!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

1791年創業のスイスの高級時計ブランド、ジラール・ペルゴは12月17日、2015年の「フランソワ・ペルゴ アワード」をピアニストの上原ひろみ氏に授与した。東京・青山で授与式が行われ、賞品としてジラール・ペルゴの特別モデルが贈呈された。

フランソワ・ペルゴ アワードとは、ジラール・ペルゴの創業者一族の一人であるフランソワ・ペルゴの功績を称えて同ブランドが2014年に設立したアワードである。フランソワ・ペルゴは、1860年にスイス人時計師として初めて日本の地を踏み、その後輸入代理店を創業するなど日本でのスイス時計の普及に尽力した人物。伝統を継承しながらも未来を切り開き、つねに新しいことに挑戦し続けた彼の生き方に光を当て、「慣例に留まることなく、世界で活躍しているフロンティア・スピリット旺盛な」人物を毎年1人表彰している。昨年の第1回はヨーロッパを舞台に活躍するサッカーのゴールキーパー、川島永嗣氏が受賞している。

上原ひろみ氏には、ジラール・ペルゴが所属するソーウインド グループCEOのアントニオ・カルチェより、賞品として同社製造の特別モデルが贈られた。

受賞した上原ひろみ氏は「スイスにはコンサートで何度も行ったことがあるけど、今回の受賞でさらに身近になったようでうれしい」と感想を述べた。

ジラール・ペルゴではこのアワードを記念して、「キャッツアイ」コレクションから2つの特別モデルを発売する。いずれも世界のジャズシーンで活躍する上原氏のために製作された限定モデルとなる。

ピンクゴールドモデルの文字盤には、上原氏が2009年に発表した作品「Place to be」の1節があしらわれている。演奏ツアーで世界中を飛び回る上原氏の「今いるこの場所が自分の居場所」という思いが込められた「Place to be」は、『スイングジャーナル』誌が主催する第43回ジャズ・ディスク大賞で金賞を、ビルボード・ジャパン・ミュージック・アワード2009でJazz Albums of the Yearを受賞している。

また、ステンレススチールモデルの文字盤では、ピアノの鍵盤のモチーフがスモールセコンドのインダイヤルを取り囲む。不規則なサイズの踊っているような鍵盤のデザインは、上原氏の即興演奏で紡ぎだされるダイナミックな音や、弾けるようなリズムをイメージしたという。両モデルとも、ケースバックのサファイアクリスタルを通して、ジラール・ペルゴ社製機械式自動巻きクロノグラフムーブメントのキャリバーGP03300が時を刻む様子を確認できる。

「キャッツアイ フランソワ・ペルゴ アワード」
ともにケースサイズ35.4×30.4mm。自動巻き。アリゲーター・ストラップ。
(左)18Kピンクゴールド。世界限定7本。295万円(税抜き)
(右)ステンレススチール。世界限定27本。185万円(税抜き)

ソーウインド ジャパン
03-5211-1791
http://www.girard-perregaux.com/home-ja.aspx

最新記事 RECENT ARTICLES