PRESIDENT事例まとめシリーズ「地方創生企業誘致」
働き方改革が広まり、テレワークによる地方への移住を検討する人が増加する中、地方の魅力への注目度が高まっています。立地戦略や事業拠点の新設や移転を考える経営者層の多いPRESIDENT読者にとっても関心の高いテーマです。弊誌で実施している「企業誘致特集」は毎回大きな反響、支持をいただいています。これまでの読者の声の一部をご紹介します。
・これからの地方自治体の進むべき方向を例示する一例であり興味深い
・改めて開発の目的などが理解できる内容だった
・地元の人材育成が課題を解決するポイントであることを押し出している内容が秀逸
・取り組んでいることがわかりやすく記載されていた。企業誘致には有益だと感じた
・○○県の取り組みに非常に好感を持った(応援したい気持ちになった)
以下では、企業誘致特集をはじめとする、地方創生・自治体の取り組みに関するタイアップ広告記事の事例を紹介します。

相互に利益がある真の「公民連携」を地域活性化の推進力に

広告主:小田原市様

小田原市様
PRESIDENT 2022年3月18日号

「世界が憧れるまち“小田原市”」を掲げ、独自のまちづくりを推進中の小田原市は、民間企業などとの交流を深めるべく、WeWork渋谷スクランブルスクエアへの入居も果たしています。公民連携の意義や可能性などについて、守屋輝彦小田原市長とWeWork Japanのジョニー・ユーCEOが対談しました。

未来に挑戦する企業に山梨県が選ばれる理由とは

広告主:山梨県リニア未来創造・推進課様

山梨県リニア未来創造・推進課様
PRESIDENT 2022年3月18日号

リニア中央新幹線の開業後を見据えた取り組みが進行中の山梨県が、その一環として力を入れているのは、多くのスタートアップなどの最先端企業を山梨に呼び込むための「TRY! YAMANASHI! 実証実験サポート事業」。同事業に採択された企業の生の声なども参考にしながら、「テストベッド」としての山梨の価値について紐解いていきました。

「体験型ワーケーション」は心と体にどんな変化を起こしたか?

広告主:株式会社JTB様

株式会社JTB様
PRESIDENT 2022年3月4日号

順天堂大学緩和医療学研究室の千葉吉史氏へのインタビューを通し、体験型ワーケーションがもたらす様々な効果についてアピールし、例を用いながら詳しく解説を行いました。JTBが効果検証を進めている、農林水産省が推進する農泊とワーケーションを組み合わせたプログラムについても言及しました。

世界遺産を修復する「道普請」を通じ“持続可能性”の本質を体感できる

広告主:和歌山県観光振興課様

和歌山県観光振興課様
PRESIDENT 2022年4月15日号

SDGsへの取り組みとして和歌山県が行っている、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を構成する「熊野古道」や「高野参詣道」の修復を行う、「道普請」について取材したレポート記事。活動内容や、参加企業からの声も掲載し、豊かな自然などの魅力もアピールしました。

「SDGs」達成に取り組む北九州市の強みとは何か

広告主:北九州市企画調整局様

北九州市企画調整局様
PRESIDENT 2018年4月16日号

持続可能な社会の実現に向け、その取り組みを高く評価されている北九州市の北橋健治市長に、具体的な活動やかける思いについてお伺いしたインタビュー記事。北九州市の“都市”としての強みはどこにあるのか、活動を支えるキーワードは何か語っていただきました。記事内では具体的な活動の事例も紹介しています。

 


2022年も、PRESIDENTの広告特集企画では、地方創生・企業誘致に関する様々な企画をご用意しております。いくつかピックアップしてご紹介いたします。

地方創生特集

移住、ワーケーション、地域DX、脱炭素……ニューノーマルな社会に向けて地方へ注目が高まっています。本特集ではそのような地域の新しい生き方・働き方や、自治体ごとの取り組みや制度、地方で活躍する企業や産官学連携などを分かりやすくまとめ、全国のキーパーソンに届けます。

地方創生特集

企業誘致特集

本特集では各自治体や産業用地の特徴や優位性を発信します。事業拠点の新設・移転に加え、ワーケーションや本社の地方移転などの動きも活発化する中、PRESIDENTならそうした経営戦略の策定を担う経営トップや役員層にダイレクトに情報を届けることができます。

企業誘致特集

九州特集

ビジネスエリアとして、観光地として、また伝統文化や食の街として、多彩な魅力を持つ九州。また2022年は、沖縄が本土復帰(沖縄返還)から50周年。九州新幹線(西九州ルート/長崎ルート)開業予定でもあります。本企画では、そんな九州の価値や魅力にあらためて注目していく企画です。

皆様のご出稿をお待ちしております。弊社営業担当、もしくは下記連絡先までお気軽にお問い合わせください。その他、既存のPRESIDENT広告企画もぜひご検討ください。