SDGsに関する記事の事例まとめ
SDGsは2015年9月に国連サミットで採択されて以来、その重要度、注目度はますます高まっています。昨今では新型コロナウイルスにより、ビジネスシーンでもあらゆる分野で、さらなるイノベーションが求められ、世界が変わることを期待されています。持続可能な社会の実現に向け、様々な企業・自治体が取り組んでいるプロジェクトなど、SDGsに関連したタイアップ記事の事例をまとめました。

コロナ禍で存在感を高める味の素グループの真価とは

広告主:味の素株式会社様

味の素グループ代表取締役の西井孝明氏のインタビュー。コロナ禍で変わった「健康への意識」。アミノ酸研究を中心に同グループの食を通しての健康への挑戦について語っていただきました。具体的な事例として、世界の子どもたちの栄養課題の解決への取り組みや、改めて企業の目指す方向性や、SDGsに絡む企業の取り組みについて紹介しました。

味の素グループ代表取締役の西井孝明氏

Jパワーの先進技術を活かしカーボンニュートラルと水素社会の実現を目指す

広告主:電源開発株式会社様

2050年のカーボンニュートラル達成に向け、大きな期待を集めている「水素」、その中でJパワーは何を取り組んでいるのか、同社の菅野等氏と経済評論家の門倉貴史氏に対談していただきました。

「文化」と「経済」のリーダーが考える「サステナビリティ」の本質とは──

広告主:株式会社三井住友フィナンシャルグループ様

脚本家・倉本聰氏と、「SMBCグループ サステナビリティ宣言」を打ち出したSMBCグループのCEO・太田純氏の対談企画。サステナビリティの実現について、度重なる災害、文明、コミュニティなど様々な観点から分析し、同社の支援する「富良野自然塾」取り組みについても語っていただきました。

投資家と事業者の確かな連携がSDGsの達成には欠かせない

広告主:SMBC日興証券株式会社様

1918年の創業以来、「共存共栄」の精神を継承するSMBC日興証券。持続可能な社会の実現も重視するなか、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)のサステナビリティボンドの引受けも担っています。それぞれのトップに、事業活動を通じた社会課題解決への思いなどを伺いました。

「SDGs」達成に取り組む北九州市の強みとは何か

広告主:北九州市企画調整局様

SDGsの17の目標の達成に向けた先駆的な取り組みが高く評価されている北九州市の市長、北橋健治氏に具体的な活動にかける思いについて伺いました。代表的な取り組みの一つである「地域コミュニティの再構築」についても、具体的な事業展開を詳しく語っていただきました。

 

2022年も、PRESIDENTの広告特集企画ではSDGsに関する様々な企画をご用意しております。いくつかピックアップしてご紹介いたします。

フードテック特集

SDGsやサステナビリティの視点からも注目の高い「フードテック」。大豆肉や豆ヌードル、完全栄養食品などの新しい食材から食品工場の自動化まで、「食」の危機を救う救世主をご紹介。FOODEX開催直前の食に対する関心が高まるタイミングで掲載します。

次世代エネルギー特集

脱炭素の流れが加速し、クリーンエネルギー、サステナブルエネルギーなどに注目が高まる昨今。水素やバイオマス、洋上風力など、次世代を担うエネルギーを特集します。

サステナブル経営特集

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動の停滞によって、現在、温室効果ガスの排出量減少や環境汚染の改善が世界で報告されています。本企画では、各社の取り組みやその背景にある理念などを紹介し、機体が高まるサステナブル経営について発信します。

脱炭素経営特集

いまや世界的潮流である脱炭素社会の構築。企業経営においてもその視点は不可欠なものとなっており、日本でもRE100やSBTなどの国際的なイニシアチブに参画する企業が着実に増加しています。そこで本企画では、各社の活動内容や実績はもちろん、その独自性、背景にある理念、そして、未来にわたってのビジョンなどをご紹介します。

ESG投資特集

環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)という非財務面の取り組みに着目する「ESG投資」。その投資額は世界的に拡大しており、コロナ禍においてもESGに注力する企業は持続可能な社会に貢献する投資先として高い関心を集めています。本企画では、ESG投資の魅力を資産運用へ高い関心をもつ読者に発信します。

皆様のご出稿をお待ちしております。弊社営業担当、もしくは下記連絡先までお気軽にお問い合わせください。

その他、既存のPRESIDENT広告企画もぜひご検討ください。