9年前、東京・銀座の数寄屋橋交差点が売りに出ました。駅に近い交差点の角地。“商業施設としては最適の立地”、と見込んで購入したとたんに起きたリーマンショック。高値でつかんでしまい、会社として苦しい時期もありました。その土地にやっと東急プラザ銀座が開業し、万感胸に迫る思いです。

こんなふうに、土地を扱う仕事をしていると、さまざまな思い入れのある場所が増えていきます。静岡県三島市周辺も愛着がある場所の1つです。新入社員の頃、住宅販売のために2年半住んでいたので、いまでも通ううなぎ屋もあります。近年は取引先様とのゴルフで、三島のファイブハンドレッドクラブによく行きます。

その際に用意するお土産は、御殿場・二の岡フーヅの「ボロニアソーセージとベーコン」。ほかでは手に入らない地の物ですし、奥様が切って焼くだけで豪華な夕食の1皿になります。

普段の手土産で、先様が甘い物がお好きで、すぐ召し上がっていただけそうなときは、「虎ノ門 岡埜栄泉の豆大福」をお渡しすることもあります。ソーセージも豆大福も、私自身が好きな店の品なので、自信を持ってお渡しできます。

最後に、文具やインテリアからキッチン用品まで幅広いジャンルの商品を掲載した「東急ハンズのカタログギフト」。発見する喜びを感じられるモノが満載なので、年齢を問わず気に入っていただいています。

写真を拡大
二の岡フーヅ ボロニアソーセージとベーコン

二の岡フーヅ ボロニアソーセージとベーコン

(ソーセージ)大・約1590g 3500円、(ベーコン)約400~500g 1600~2000円(ともに税別)/厳選した国産豚肉を、混ぜ物や合成保存料を一切加えずに手作りするハム、ソーセージ、ベーコンの専門店。豚もも肉と肩肉を用いて作るボロニアソーセージは、そのままでも焼いても食べられる。いぶされてアメ色になったベーコンは、香り豊かな逸品で、創業当時からの看板商品。

 
写真を拡大
虎ノ門 岡埜栄泉 豆大福

虎ノ門 岡埜栄泉 豆大福

1個249円(税込)※希望個数で詰め合わせ可/宮城県産の特上米を使用したつきたての餅に、北海道産の赤えんどう豆を加え、自家製小豆のこし餡をぎっしり包んだ豆大福。豆大福は大正元年に創業して以来の人気商品で、当日売り切りのため、予約がおすすめ。

 
写真を拡大
東急ハンズ 東急ハンズオリジナルカタログギフト

東急ハンズ 東急ハンズオリジナルカタログギフト

lunaコース 3600円、terraコース 5600円、soleコース 1万600円の3種(税別)/東急ハンズのスタッフが選んだ厳選商品が1冊に凝縮。キッチン、ヘルス&ビューティ、アウトドア、インテリア、文具など、幅広いラインアップ。スタッフのおすすめコメント付きで紹介している。

 
東急不動産ホールディングス 社長 大隈郁仁(おおくま・ゆうじ)
1958年、広島県生まれ。82年横浜市立大学卒業後、東急不動産入社。2008年執行役員ビル事業本部長、11年取締役経営企画統括部統括部長、13年東急不動産ホールディングス取締役執行役員就任。15年4月より現職。愛犬との朝の散歩が日課。