そうっすね! マイナス金利!
たいへんな時代っすね!
オレの預金金利もいつかマイナスになるんすかね!

 

………………

 

アホ~!

 

あ、スミヤン!

 

銀行預金をマイナスにしたら、誰も預けんだろうが!

 

でや!

……じゃあ、マイナス金利って何の金利がマイナスなんだよ!

 

日銀じゃよ!!

 

日銀! 日本を牛耳るあの!

 

……牛耳ってはないが、
銀行が日銀に預けているお金がマイナス金利なのじゃ!

 

銀行が日銀に預金しているの?

 

そうじゃ。だから日銀は「銀行の銀行」と呼ばれているのだ。

マイナス金利になる前は、銀行が日銀の当座預金に預金すると、年0.1%の金利を受け取ることができた。
1000億円預けたら、1年で1億円の金利がついたのだ。

 

預けるだけで1億円! デカイ!

 

だが、日銀にとってはうれしくない。
日銀は、景気を回復させようとして金融緩和をしているのに、
銀行が企業に融資しないと、世の中にお金が回らず、景気は回復しないからな。

 

そこで日銀は「預金を、マイナス金利にしちゃう!」
と宣言したんじゃ。
つまり、お金を預けている銀行が、金利分を損してしまう。

 

銀行にとっては、最悪じゃん!

 

だから銀行は日銀から預金をおろして
「金利を安くしますから、借りてください!」と
企業に頼んで回っているわけよ。

 

なるほど!
しかし、日銀も思い切った作戦をとるね!

 

この「マイナス金利」は史上初の作戦じゃ。

 

まぁとにかく、オレの銀行預金は減らないってことで安心した。

 

たいして預金もないから関係ないだろうが。

 

俺の貯金金額、知らないだろ!

 

知ってるよ……。
暗証番号も知ってるよ……。

 

……こわっ。

 

しかし、マイナス金利でも個人の銀行預金が安心かといえばそうでもないぞ。

 

え、なんで?

 

日銀がマイナス金利にしてまで
「インフレにしよう」と必死になっている。
もし、成功してインフレになれば、お金の価値が下がり、銀行預金は目減りしてしまう。

 

そうか!

 

心配なら、月々1万円から買える「個人向け国債10年物」でも買っとけ。
支払われる金利が世の中の金利に連動するから、
インフレで金利が上がれば、その分、高い金利がもらえるわい。

 

なるほど!

 

インフレ対策には「物価連動国債」が最強じゃ。
もしインフレで物価が2倍になっても、
満期には額面の2倍の金額が戻ってくる。

 

それは安心だね。

 

ただし、1000万円単位だから、
おまえにはムリ!

 

ゲ!

 

だってお前の貯金は12円だから!!!!!!!!

 

うるせええええ!!!!
お前俺の預金の12円盗んだら、地獄に突き落とすからなぁああああ!!!!!!

 

(……哀れな奴……)
ま、おまえの客に教えてあげたら喜ぶんじゃないか。

 

そうか! いいこと聞いた!

 

マイナス金利は日本の経済史上で初めてなんだって。
そこまでして、インフレにしようとしてるんだね。
インフレにそなえて、オレも「国債」買ってみようかな。
預金が少し増えたら、の話だけど……。

 

※個人向け物価連動国債は2017年2月から販売予定でしたが延期されています

監修 塚崎公義
久留米大学商学部教授。1981年、東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。経済分析、経済予測などに従事し、2005年に退職して久留米大学へ。『なんだ、そうだったのか! 経済入門』など著書多数。