2016年1月21日(木)

「よろしかったでしょうか」という言い方は社会人失格!

組織で確実に評価される「きちんと会話」【4】

PRESIDENT Online スペシャル /PRESIDENT BOOKS

著者
矢野 香 やの・かおり
スピーチコンサルタント

矢野 香信頼を勝ち取る「正統派スピーチ」指導の第一人者。NHKでのキャスター歴17年。おもにニュース報道番組を担当し、番組視聴率20%超えを記録。2011年、「話をする人の印象形成」の研究(主に心理学)で、大学院で修士号を取得。現在は、国立大学の教員として研究を続けながら、他者からの評価を上げるコミュニケーションの専門家として、政治家の選挙演説対策、大手企業の株主総会対策、役員候補者研修、学生の就職面接対策など、幅広い層に「信頼を勝ち取るスキル」を指導している。話し方・表情・動作の指導に定評があり、過去の受講生にはプロの話し手も多数。クライアントには、日立製作所、武田薬品工業、リクルートホールディングスなどの大手企業、著名人が名を連ねる。著書に、ともにベストセラーとなった『その話し方では軽すぎます!――エグゼクティブが鍛えている「人前で話す技法」』(すばる舎)、『【NHK式+心理学】1分で一生の信頼を勝ち取る法――NHK式7つのルール』(ダイヤモンド社)などがある。

スピーチコンサルタント 矢野香=文
入社3年以内に大きな差がつき、将来の道が分かれる時代になった。こんな時代だからこそ「きちんとしている」と、ミドルクラスだけでなく、エグゼクティブ、トップ層に評価されることの重要性が年々高まってきている。では、“きちんとしている”“できる社員”と言われるための最低限のポイントは何だろうか。エグゼクティブ、トップ層向け「スピーチコンサルタント」として活躍する元NHKキャスター17年のキャリアを持つ矢野香。「信頼を勝ち取る」話し方、行動の仕方を5回にわたってお届けする。

「バイト敬語」によくある間違いとは

社会人になりたての人は、基本的な話し方のスキルを身につける必要があります。

なかでも重要なのは、敬語のスキルです。

新入社員は誰でも、敬語を使わなければいけないということは知っています。「えっ、会社では敬語を使わないといけないんですか?」と言う人はいません。ですが、敬語だと思って使っている言葉が間違っていることが多いのです。

『「きちんとしている」と言われる「話し方」の教科書』(矢野 香著・プレジデント社)

よくある間違いが、バイト敬語です。

「よろしかったでしょうか」「こちらが資料の方になります」など。本人は丁寧な言い方だと思って使っているけれど、日本語として間違っている敬語があります。このような、アルバイトで習ってしまった誤った敬語を、バイト敬語と呼びます。

バイト敬語以外で間違って覚えている人が多い敬語には、二重敬語があります。「お越しになられる」といったものです。これらは、避けたいものです。

大学で学生と話していると、学生がよく間違っているのは、「れる」「られる」を付ければすべて敬語になると思っていることです。たとえば、彼らは「先生、今日の午後は研究室におられますか?」と言うのです。「いらっしゃいますか」という言い方を知らないようです。

言い換えを学ぶのが面倒なので、すべて「れる」「られる」で済ませてしまおうとするのかもしれません。

学生のうちは「れる」「られる」を付けるだけでも通用するかもしれませんが、社会人になったなら、敬語の言い換えを学んでください。言い換えができるだけで、きちんと敬語は話せる人だと思ってもらえます。

では、どのように敬語を学べばいいかというと、ロールモデルを見つけてマネすることです。

ロールモデルは、同じ職場の先輩や、課長や部長でもいいでしょう。

日本語の勉強と思うと嫌になってしまうかもしれませんが、職場でよく使う言葉をマネして覚えるだけなら難しくないはずです。敬語は英語のように、「敬語」という別の言葉を習得するつもりで聞いて覚えること。

正しい話し方をなるべく早く身につけるには、同行させてもらえるものは全部同行させてもらって、観察することです。

アポを取るときはこういう言い方をするのか、とか、商談のときはこいのような言い方をするのか、とか、英会話と同じように慣れていくことです。

× よろしかったでしょうか →  よろしいでしょうか
× こちらが資料の方になります →  こちらが資料です
× おられますか? →  いらっしゃいますか

[きちんと会話のルール]敬語は、英会話と同じように慣れることが大切

※本記事は書籍『「きちんとしている」と言われる「話し方」の教科書』(矢野 香著・プレジデント社)からの抜粋です。

『「きちんとしている」と言われる「話し方」の教科書 』(プレジデント社)
「きちんとしている」と言われる「話し方」の教科書

[著] 矢野 香  

自分の能力に自信がなくても“きちんと”した話し方さえ押さえていれば、周りから評価される! 元NHKキャスターが、信頼される伝え方、教えます。

  • Amazonで購入
  • PRESIDENTオンラインストアで購入
書籍詳細ページ

PickUp