住宅・住宅設備に関する記事の事例まとめ
コロナ禍により、働き方が変化し、改めて暮らし方・住まいについて考える機会が増えました。持ち家率が高く、高所得者層であるPRESIDENT読者にとっても、暮らしと仕事を両立できるよりよい住まいづくりのため、住宅設備、関連商品は関心ごとの一つです。多様化するライフスタイルに合わせ、様々なニーズが出てきています。これからの住まい選びのポイントをまとめ、関連した商品・サービスを紹介したタイアップ記事の事例をまとめました。

「脱LDK」の発想が家族の空間の豊かさを生む

広告主:積水ハウス工業様

積水ハウスが独自に行ったアンケート調査をもとに、リビングで家族が思い思いの時間を過ごすことができる空間「ファミリースイート」を提案。お互いの気配を感じながら、そのときどきで程よい距離感が選べるのが特徴。そのための先端技術やプランニングについて、詳しく解説し、体験フェアなども同時に訴求しています。

「脱LDK」の発想が家族の空間の豊かさを生む

日々の暮らしがより豊かになるワークスタイル提案

広告主:大和ハウス工業様

自宅でテレワークをする人々の様々な悩みに寄り添った、新たなワークスタイルを大和ハウス工業が提案しました。自社のテレワーク経験者を対象に実施したアンケートをもとに、具体的にどのような施策をしたのか、図を多数用いて詳しく解説。「快適ワークプレイス」や「つながりワークピット」など、様々なプランを訴求しています。

都市部の狭小地や変形地でも高い収益性を確保できる訳

広告主:パナソニックホームズ様

資産運用、土地活用の手段として見逃せない“賃貸併用住宅”。そんな中同社の賃貸住宅「ユアメゾン」が注目される理由はどこにあるのか、様々な観点から解説。収支シミュレーションを用いて、「ユアメゾン」による事例を複数紹介。多方面からアプローチを行っています。

次のライフステージへ 二つ目の拠点を、魅力溢れる沖縄に持つという選択

広告主:コスモスイニシア様

沖縄・那覇空港から近い「豊崎タウン」に構える分譲マンションの訴求記事。「住む・働く・遊ぶ」の三つの機能を配置した新しい街でリゾート地ならではの二拠点居住やセカンドハウス利用に対応できるサービスや、台風に見舞われた際の対応など、様々なサービスが充実してる点をアピールしました。

 


2022年も、PRESIDENTの広告特集企画では、住宅・住宅設備に関する様々な企画をご用意しております。いくつかピックアップしてご紹介いたします。

住宅&住宅設備特集

withコロナ時代が続き、テレワークを経験したビジネスパーソンたちは、暮らしと仕事を両立させるための住み方を考え始めています。そこでPRESIDENTでは働き方の変化に伴って多様化していく、これからの住まい選びを考えます。

システム建築特集

事業用建物の市場で着実に存在感を高めている「システム建築」。短工期、低コスト、高品質を兼ね備えた建築が、様々な業界のニーズに応えています。そこでPRESIDENTでは従来のニーズに加え、コロナ禍での新たな需要も存在感を高めるシステム構築の優位性を発信します。

リフォーム特集

コロナ禍で在宅勤務などが浸透し、働き方や暮らしのあり方が大きく変化。それに伴い、住まいに求められるものが変化してきています。そこでPRESIDENTでは、変化する働き方や暮らしを支えるリフォーム関連の商品、サービスを紹介。おうち時間が長くなった今こそ、住まいへの投資がQOL(生活の質)を高めるカギであることをアピールします。

皆様のご出稿をお待ちしております。弊社営業担当、もしくは下記連絡先までお気軽にお問い合わせください。

その他、既存のPRESIDENT広告企画もぜひご検討ください。