斎藤 由利子(さいとう・ゆりこ)

日本的「調和型」の組織が、人道支援現場で重宝されるワケ【4】
  • 教養
  • #国連難民高等弁務官事務所
  • #UNHCR

日本的「調和型」の組織が、人道支援現場で重宝されるワケ【4】

斎藤 由利子

日本人はとかく、国際的な現場で主張するのが下手だと評される。しかし人道支援の分野では、「主張型」ではなく、「調和型」の日本的なチームづくりやプロセスが評価されているという。今後日本が世界で存在感を出すためにできることとは?

なぜ彼らはドイツを目指すのか? シリア難民の今【2】
  • 教養
  • #国連難民高等弁務官事務所
  • #UNHCR

なぜ彼らはドイツを目指すのか? シリア難民の今【2】

斎藤 由利子

シリア内紛に端を発した、今年の急激な難民増加。命を守るため国を捨て難民にならざるを得ない人々の現実は、3.11の東日本大震災で、故郷を追われた人々の苦境と重なる。住み慣れた街に、いつ戻れるのか――各国を巻き込み、複雑な様相を見せるシリア難民問題について、守屋由紀さんと考える。

急増する難民を支える――知る、伝える、アクションを起こす、私たちにできる3つのこと【1】
  • 教養
  • #国連難民高等弁務官事務所
  • #UNHCR

急増する難民を支える――知る、伝える、アクションを起こす、私たちにできる3つのこと【1】

斎藤 由利子

今年9月、トルコ南部の海岸に漂着したクルド人シリア難民・3歳男児の写真が、世界に衝撃を与えたニュースは記憶に新しい。長期化する内戦や紛争を背景に、2015年は今までに類を見ないほど急激に難民人口が増えた1年となった。その振り返りと打開策を国連難民高等弁務官事務所の守屋由紀さんと、3回にわたって考える。

仕事でリーダーを目指し、高みを目指して生きる。情熱を持って働き続けたい、女性のためのサイトです。