アート思考オンラインプログラム プロジェクトArt Thinking

自ら問いを立て、自ら価値創出する力を

変動性、不確実性、複雑性、曖昧性・・・。
将来を予測することが困難な現代、私たちは「論理思考やデザイン思考(問いの解決策を得る力)」の
先に続く世界として「アート思考(問い自体を立てる力)」の可能性を信じています。
新たな思考を持つことで生まれる、新たな行動が、まだ見ぬ世界を切り開く。
ぜひ一緒に、新たな世界を切り開いていきましょう。

SHARE twitter facebook line
ABOUT THIS CURRICULUMなぜ、いま、
アート思考が
社会にとって不可欠なのか
通信キャリアのKDDIとビジネス系出版社プレジデント社は、これから、更に時代に求められる「問いを立てることができる人材」の育成・輩出を目指し、アート思考 オンラインプログラムの実証実験を始めます。

今回、独立研究者 山口周氏、東京藝術大学教授の秋元雄史氏、映像制作のプロであるNHKエンタープライズ、アートの実地教育に長けたアート・アンド・ロジックといった、第一線で活躍するメンバーから構成されたチームで、アート思考が学べる講習を開発しました。近年、関心が高まっている「STEAM教育」を学ぶ土台となる「問いを立てることができる力」、ひいては社会を変革していく力のヒントを、本講習で多くの方々に届けたいと考えています。
COURSE「アート思考」を実践的に学んで頂くために、
①動画視聴講習 ②双方向型鑑賞講習 ③デッサン講習  ④テキストで学ぶ講習をご用意しました
movie
【動画視聴講習】コロナ後の新たな世界を、アート思考で読み解き考える。
アート思考とはそもそも何なのか? アート思考は一体何に役立つのか?
アート思考の過去・現在・未来は?そんな皆様の疑問に答えるべく、講師・山口周氏、そして映像制作をNHKエンタープライズに委託し、アート思考のエッセンスが詰まった動画を開発しました。アート思考という言葉を初めて聞いた方、アート思考について勉強し始めたばかりという方、これからの世界について考えを深めたい方など、世代を問わず幅広い方を対象とした内容です。
山口周
山口周
独立研究者・著作家・パブリックスピーカー
慶應義塾大学文学部哲学科卒業、同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程修了。
電通、ボストン・コンサルティング・グループ等を経て、現在に至る。専門はイノベーション、組織開発、人材/リーダーシップ育成。株式会社モバイルファクトリー社外取締役。一橋大学経営管理研究科非常勤講師。
著書多数あり、『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』でビジネス書大賞2018準大賞、HRアワード2018最優秀賞(書籍部門)を受賞。近著に『ビジネスの未来~エコノミーにヒューマニティを取り戻す』(小社刊)など著書は多数ある。
workshop
【双方向型鑑賞講習】「目の付け所」と「思考」が変わる、ビジネスに活きるアート鑑賞法とは
ベネッセアートサイト直島や金沢21世紀美術館など、芸術の最前線を牽引してきた、秋元 雄史氏をナビゲーターに、アートを題材として「物事への洞察」や「本質を見抜く力」を学びます。練馬区立美術館(館長:秋元 雄史氏)の作品を、秋元氏と学芸員が直接「アート思考」を用いて解説します。アートの事前専門知識は必要なく、受講者も参加し、双方向のコミュニケーションをとりながら、理解を深めていきます。
本講習を通じて、日常からこれからの時代に役立つ「新しい何か!」を見抜く力が身に付きます。
秋元 雄史
秋元 雄史
東京藝術大学大学美術館館長・教授/練馬区立美術館館長
東京藝術大学美術学部絵画科卒。1991年、福武書店(現ベネッセコーポレーション)に入社。瀬戸内海の直島で展開される「ベネッセアートサイト直島」を担当し地中美術館館長、アーティスティックディレクターなどを歴任。2007年から10年にわたって金沢21世紀美術館館長を務めたのち、現職。
dessin
【ART&LOGIC:デッサン講座】絵が描ける感動と脳の活性化による新たな知覚と気づきを!
アート・アンド・ロジックは、国内外のさまざまな美術教育メソッドを研究して開発した、まったく新しいオリジナルプログラムです。本来、誰もが持っている感性を引き出しながら、感覚のみに頼らないロジックに基づいたワークの数々に取り組むことで、左脳と右脳の両方を活用したハイブリッド型の思考スタイルを身につけ、課題を独自の視点で発見し創造的に解決する力とイノベーションを起こす力が身につきます。
増村 岳史
増村 岳史
アート・アンド・ロジック株式会社 代表取締役
大学卒業後、株式会社リクルート入社。 マーケティング、営業を経て映画、音楽の製作および出版事業を経験。 リクルート退社後、音楽配信事業に携わったのち、テレビ局や出版社とのコンテンツ事業の共同開発に従事する。2015年アートと人々との間の垣根を越えるべく、誰もが驚異的に短期間で絵が描けるART&LOGIC(アートアンドロジック)を立ち上げ、現在に至る。
ARTICLE「アート思考」について学び、知見を深める為のテキストはこちらから