『シフオプ』により、シフト作成に関わる業務時間が72%削減できたという企業も

写真を拡大
(図)店舗における『シフオプ』 導入前後の業務効率化の効果

『シフオプ』のサービス自体は4年前から展開されており、すでに利用店舗では具体的な効果が出ているという。たとえば、ある飲食店で『シフオプ』を利用してシフト管理を行ったところ、導入前には26.4時間掛かっていたシフト収集から調整、シフト作成が7.5時間まで短縮。72%のシフト作成に関わる業務時間の削減に寄与した。

「スタッフが希望シフトを出しても、そのうちの11%近くはカットされるというデータも出ています。その裏にあるのは、スタッフ同士の希望が重なるなどの理由。そういった重なりを分析して無くしていけば、効果的に人員配置ができますし、経営者の方も店舗ごとの経営指標をリアルに捉えられるようになるはずです」

なお『シフオプ』では、シフト管理を補助するサービスとして、ほかにもいくつかの機能を設けている。

「アルバイトでは、18歳未満の方が働いたり、外国人留学生が働いたりするケースもあります。そういうスタッフのシフトを組む際、労働時間の超過などにも気を配らなければなりません。『シフオプ』では、シフト作成の段階で法定労働時間を越えた場合は警告するなどのサポート機能があるため、コンプライアンスリスクへの対応にもご活用頂けます」

多様な人たちが働く現代で、それを管理する人たちに必要な知識は複雑になっている。だからこそ、こういったサポートシステムも重要と言えるだろう。それらも、働く人の個性を受け入れることにつながるかもしれない。

写真を拡大
(図)『シフオプ』に対するお客様からの声

「主婦の方や学生の方、あるいはシニアの方など、いろいろな方が自分の時間を有効活用して働こうとしています。そういった方々の希望を汲んでシフトに反映していくことは、働く人とお店の両方にとってプラスになるはず。『シフオプ』という管理システムによって、働く人とお店の希望が合致するようになればいいと思っています」

働きたい時間・働ける時間も個性であり、その希望を叶えることが労働力の増加につながる。それだけでなく、シフトの過程をデータ化し、スタッフの希望を叶えることで、働く人と店舗側の両方にメリットが生まれる。『シフオプ』は、それらをつなぐツールと言えるだろう。

『シフオプ』:http://www.shifop.jp/

『シフオプ』 とは、業務の最適化や効率化を実現するシフト管理システムです。簡単な操作でシフト作成ができ、シフト管理や作成時間を大幅に軽減できます。