トップ > 

著者一覧 > 

童門 冬二(どうもん・ふゆじ)

著者
プロフィール
童門 冬二(どうもん・ふゆじ)

童門 冬二

1927年生まれ。東京都庁に長く勤務し、知事秘書、広報室長などを歴任後、79年に退職。本格的な作家活動に入る。ベストセラー『上杉鷹山』をはじめ組織と人間の関わりを歴史のなかに見出す手法の小説や評論多数。

PR

最新記事

インフォメーションPR

最新号

PRESIDENT 2017年1月2日号 医者の診断のウラ側