2013年1月10日(木)

なぜお金持ちは財布に5000円札を持つのか

「暮らしとマネー」のナゾ-ブロック型紙幣

PRESIDENT 2012年6月18日号

著者
亀田 潤一郎 かめだ・じゅんいちろう
資金繰り改善コンサルタント兼税理士、ブリンク・リンク・パートナーズ代表取締役

亀田 潤一郎1967年、神奈川県生まれ。大学卒業後、税理士事務所、経営コンサルティング会社を経て2003年5月に税理士開業。数字に苦手意識を抱く中小企業経営者向けに独自の通帳活用法を開発、「資金繰り改善コンサルタント」として活躍中。著書に『通帳は4つに分けなさい』『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』がある。

税理士 亀田潤一郎 構成=久保田正志
1
nextpage

今より収入が少なかった税理士駆け出しのころ、私は自分が使うお金を10日に一度、3万7000円ずつ下ろしていました。

多くの人は手持ちのお金が足りなくなるとその都度、適当な額をコンビニやATMで引き出しますが、それでは自分がどれくらいのペースでお金を使っているのか、わからなくなってしまいます。

10日なら10日という決まった間隔で下ろす定額のお金は、いわばその期の予算。家計簿を作って細々と記録しなくても、10日間に使っていいお金の大枠を決め、その中でやりくりするというスタイルが身につきます。

なぜ中途半端な額なのかというと、私は成功している人たちから、「5万、10万といったマルが揃う金額を下ろす人は、お金を失いやすい」と聞いていたからです。

3万7000円のうち、1万円札は1枚だけ。4枚を5000円札、7枚を1000円札として、どれも極力、新札にしてもらいます。財布の中では、お札は必ず1万円札、5000円札、1000円札の順に並べ、お札の向きもすべて揃えておきます。そうすることで「どのお札が何枚残っているか」という現在の所持金の状況が頭に入りやすくなります。

お金を使うときは、必ず少額のお札から。1000円札が7枚あれば、7000円の買い物をするときも、1万円札や5000円札は出さずにすべて1000円札で出します。

次のページ1万円札は最後の砦

PickUp