収入が低いわけじゃないのに、気付いたら毎月赤字家計。ボーナスを頼りにカード払いをしていたら、まさかのボーナスカット。老後に備えた貯蓄どころじゃない──。家計再生コンサルタントの横山光昭氏がそんな家計の改善プランを提案。

兼田家の家計簿改善 BEFORE⇒AFTER [年収:880万円]
家族構成●夫(53歳・地方公務員)、妻(51歳・生花店パート)
年収●額面=880万円/手取り=714万円
ボーナス●(夫のみ)夏=69万円/冬=69万円 相談時の貯蓄額●80万円 

地方公務員として働く夫の収入に妻のパート収入を合わせると、額面の年収は880万円。年齢は50代。子供がいないので教育費はかからなかった。なのに兼田さんの貯蓄は80万円と、“ほぼゼロ”の状態。

じつは兼田さん、自分の手取り月給42万円のうち25万円を妻に渡し、妻はそれと自分のパート収入6万円で家計をやり繰りしていた。そして夫は「きちんと貯金するように」と指示していた。

柔和そうに見える夫だが、おっとり妻の目には「超亭主関白」に映っていた。そもそも、夫の給料の額さえ知らされていない。次第に強い“ストレス”を感じ、心身ともに疲労していったのだという。

だが、そのストレスを緩和すべく、自分の“メンテナンス”に走ったことが貯蓄できない要因だった。「医療費」としてマッサージやカウンセリング、「教育費」としてアロマ教室やピラティス、「交際費」として友人とのランチや飲み会、「娯楽費」として舞台鑑賞など。「主人だって隠している給料で散財しているに違いない」との思いもあった。貯蓄などできるわけがない。そのことがまた、ストレスになった。

では、夫は妻に渡さない17万円を何に使ったのか。じつは「住宅ローン」10万円、「生命保険料」2万2000円などを支払っており、自由に使うお金はさほどでもなかったのである。

とにかく、夫の収入をすべて家計に入れる形で、抜本的な見直しを行った。ただ、妻のメンテナンス習慣は簡単におさまりそうにない。そこで「回数を減らす」という中間策を提案したところ、月12万円を超える貯蓄ができるようになった。当初の夫の指示を実現できたことで、妻に自信が芽生え始めている。

家計再生コンサルタント 横山光昭
マイエフピー代表取締役社長。「消費」「浪費」「投資」で仕分ける家計管理の考え方が大反響を呼び、庶民派ファイナンシャルプランナーとして、9000件以上の赤字家計を再生。著書に『年収200万円からの貯金生活宣言』シリーズ、『「貧乏老後」に泣く人、「安心老後」で笑う人』などベストセラー多数。