保険料は世帯年収の8%も占めている。人生設計にあった保険を選び、必要以上の保障を見直すだけで、家計を多面的に改善することができる。

ストレス過多の現代、心の病気にかかったかな、と思えば、まずはメンタルクリニックへ足を運ぶことになる。だが、CFP・畠中雅子さんはこうアドバイスする。

「病院へ行こうとしたとき、もし医療保険などに加入していなかったら、病院へ行く前に加入したほうがいいかもしれません。なぜなら、例えば、うつ病と診断され抗うつ剤を処方されると、その後に保険に加入しようとしたとき、その事実を保険会社に告知しないといけなくなります(主に過去5年以内のうつ病を含む精神疾患の診察や投薬)。そして、残念ながら、うつ病の人は医療保険などに加入できないケースが非常に多いのです」

後先を考えないまま、あまりに気軽に心療内科へ行くのは避けるべきなのだ。心療内科もしくは、メンタルクリニックという名称のカジュアルさから、診察を受けるというよりカウンセリングを受ける感覚の人も多いが、そこは要注意。保険は健康なうちに加入、が原則だ。

ただ、最近は、条件付き(通常より保険料が割り増しされる、うつ病は対象外にするなど)ではあるが、うつ病治療中でも加入できる商品が登場している。