本書を読むと、現代史に対する見方がガラリと変わります。この恐ろしい情報量は、著者のユン・チアンの背後にイギリス諜報部の全面的な協力があったものと推測します。本書には、日本の関東軍が起こしたとされる張作霖爆殺事件(1928年)について、事件で使われた爆弾がソ連製のものであると記してあり、私はその証言をしたドミトリー・プロホロフ氏を現地まで行って来日してくれるよう要請したのです。つまり、日本が侵略国家と言われる最初の張作霖爆殺行為はソ連の情報機関KGBが、日本と中国とを争わせるために仕掛けた工作だったのです。

私は、安倍政権に世界各国との情報戦争に勝ち抜いてほしいと切に願います。