また来た弁護士会からの「処分検討」

さあ今年も頑張るか、と自分に鞭を入れた新年早々の1月2日、NHKが「(大阪)弁護士会が橋下徹氏の処分検討の方針 市長当時の発言で」というニュースを流した。またかよっ!て思うと同時に、自分の政治家の原点というものを正月早々振り返ることになったよ。歳をとったもんだ。

ただね、政治家を引退してから、すっかり隠居モードになっていたけど、また戦闘モードの血が騒いできたね(笑)

僕は2010年に、大阪弁護士会から「業務停止2カ月」の懲戒処分を食らった。その頃は現職大阪府知事だったんだけど、業務停止の理由とされたのは大阪府知事になる前の行為だった。しかも僕の弁護士業務そのものではなく、ある刑事事件の弁護団をテレビ番組で厳しく批判した発言が問題視された。その際、メディアや特に僕のことを大嫌いな自称インテリたちは、鬼の首を獲ったように僕を批判してきたね。それも人格攻撃と言えるぐらい辛辣な批判をね。いつもの高村薫とか江川紹子とか。そういや朝日新聞なんかは、社説で「橋下は弁護士資格を返上せよ」なんてやってきたね。

(略)

写真=iStock.com/takasuu

この懲戒処分のときは僕もまだ40歳前後で若かった。問題のテレビ発言をしたときは38歳でバリバリの戦闘モード。今振り返ると、このテレビ発言や懲戒処分に至る経緯、そしてこのテレビ発言を巡って相手方より訴えられた民事訴訟での経験や態度振る舞いが、僕の政治家としての原点だったなと感じる。

権威を振りかざす者への怒り、前例踏襲(これまで当然のことと思われていたことを繰り返すやり方)への疑問、批判のリスクがあっても正すべきことは正していく姿勢、強いモノが相手になると闘志に火が付く性格、争いは法で解決する姿勢、あらゆる知恵を振り絞ってやれることはやりつくすしつこさ、負けは素直に認めること、業界団体内の感覚や風評にはとらわれない性格などなど、弁護士としても政治家としても僕の行動基準は同じなんだよね。これが僕の弁護士の原点でもあり、政治家の原点。というよりも僕自身の原点かな。

(略)

橋下徹公式メールマガジン 好評配信中!Vol.87は1月16日配信予定
政界に突然彗星のごとく現れた男は、大阪の何を変え、誰と戦い、何を勝ち得たのか。改革を進めるごとに増える論敵、足を引っ張り続ける野党との水面下での 暗闘をメルマガ読者だけに完全暴露。混迷が続く日本経済、政界の指針を明確に指し示します。元政治家、弁護士、そして7人の子どもを持つ親として、読者からの悩みごとにもズバリ答えます!

橋下徹と直接やりとりできる、唯一のコミュニケーションサロン、「橋下徹の激辛政治経済ゼミ」へのご入会はこちらから!→ http://ch.nicovideo.jp/toruhashimoto