Q突然ですが情報感度テストです。今夏のクールビズのシャツ、あなたのスタイルはどれですか?

(1)いつもと同じYシャツでノータイ(2)休日に着ているポロシャツで通勤(3)ボタンダウン(BD)シャツ購入

さて判定は?

(1)は×、絶対禁止だ。25歳OL曰く、「ノーネクタイで第1ボタンをあけるのはダラシないだけ。失業・求職中のような寂しさが漂うよ。アフター5の居酒屋ならいいけど」。

では、(2)はどうか。判定は△。微妙だ。28歳OL曰く、「『これからゴルフ行くんですか?』と言いたくなるようなファッションになりがち。鹿の子のシンプルなポロなら好感度高いけど」。

週末の自宅での格好を安易に会社に持ち込み、「意外とセンスない」と陰口を叩かれるのは避けたいところだ。

「2.5」ボタンのシャツ。第2、第3ボタンの間のスナップが、Vゾーンの適度な肌見せ感を演出する。
写真を拡大
「2.5」ボタンのシャツ。第2、第3ボタンの間のスナップが、Vゾーンの適度な肌見せ感を演出する。

最後の(3)は◎。これが2009年夏のスタンダード(らしい)。伊勢丹営業本部の山下卓也氏によれば、「2.5ボタン」と呼ばれるBDが売れ筋だという。第2と第3ボタンの間にスナップがついており、Vゾーンの肌見せ感が適度ゆえ、人に清涼感を与えるのである。女性目線にもこれなら十分耐えうる。

「お客様へのクールビズのソリューションとしてご提案するのはスマートでクレバーなサマー・ジェントルマンのイメージ。BDシャツに、今年流行りの薄いシャツ素材でソフトシルエットのアンコンジャケットを羽織ったり、麻の混じったネップというネクタイをしたり、派手な印象にならないネックレスを胸元に見せたり。そんな技ありな工夫ができれば上級者です」(山下氏)

同じ「技あり」でも、はるやま商事の商品はひと味違う。例えば、触るとひんやり感のあるシャツ。これは2カ月で約2万枚売れた。両脇に冷却パッドを装着するアイススーツも登場。見た目は地味でも、機能性で勝負するほうが案外話のネタにもなるかも。