2016年2月9日(火)

なぜビジネス書は売れなくなったのか

PRESIDENT 2016年2月15日号

著者
鎌田 浩毅 かまた・ひろき
京都大学大学院 人間・環境学研究科教授

鎌田 浩毅1955年生まれ。東京大学理学部地学科卒業。97年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。テレビや講演会で科学を面白く解説する「科学の伝道師」。京大の講義は毎年数百人を集める人気。著書に『一生モノの超・自己啓発』(朝日新聞出版)、『一生モノの勉強法』( 東洋経済新報社)、『西日本大震災に備えよ』(PHP 新書)、『火山噴火』(岩波新書)。

執筆記事一覧

京都大学大学院 人間・環境学研究科 教授 鎌田浩毅=答える人
1
nextpage

理想と現実の「差」に読者が気付き始めた

最近、書店員さんたちが「ビジネス書が売れない」と呟いている。一方で、プレジデント誌をはじめとして有力なビジネス誌の売り上げは、相変わらず堅調だ。また、この10年ほどテレビや新聞で、ビジネスニュースや経済番組の注目度が上がっているようにも感じられる。だから「ビジネス書が売れない」と言われると、私は意外な印象を持った。

図を拡大
理想と現実の「差」に読者が気付き始めた

2004年を基準とした書籍分類別の売上高推移で見てみよう。10年後に当たる2014年に、「出版物合計」では68.8%となったのに対し、「ビジネス書」は57.6%と大きく落ち込んでいる(図参照)(※1)。 確かに、ビジネス書が売れないというのは本当だった。

私は地球科学を専門とする研究者だが、地震や火山の啓発書の他にも、ビジネス書を少なからず出版してきた。というのは、学生たちに伝授している「理系の思考法」がビジネスパーソンにも役立つので、一般向けに公開したのだ。こうした経験から、ビジネス書が売れなくなった理由と今後の展望を考察してみよう。

元来、ビジネス書は仕事を効率的に進めるノウハウを伝授するものだ。ところが、今やそれが「ドクサ」化している。ドクサとは、古代ギリシア語で「人間を絶えず惹きつけるが、必ずしも幸福にしないもの」という意味だ。右肩上がりの経済に沿って、ビジネス書が有効に機能する間は全く問題がなかった。しかし、社会の成長が頭打ちになると、努力してビジネス書を読んでも達成感が得られなくなってきた。

PickUp