2016年2月27日(土)

「蛍光ペン」ガラパゴス的進化を遂げる最新事情

作業効率アップ!知らないと損する文具術【4】

PRESIDENT Online スペシャル

著者
桃山 透 ももやま・とおる
フリーランスライター

1968年、大阪府生まれ。ビジュアルリテラシー(東京支部)所属。大学卒業後、金融系会社の営業、コピーライター、出版社の編集者、業界新聞の編集長を経て、独立。主にビジネス書、実用書、医学書関連の執筆・編集・監修に携わる。得意なジャンルは整理術、手帳術で、著書に『サクッと1分間 整理・ファイリング術』などがある。

執筆記事一覧

フリーランスライター 桃山透=文
1
nextpage

作業効率が3倍アップする蛍光マーカー

書類や手帳、本などの紙の情報整理で、蛍光マーカーを使っている人は多いかと思います。最近では、用途に応じていろんなものがありますが、何となく選んだものを使っている人も、結構いるのではないでしょうか。ならば自分に合ったものを探してみるべきです。作業効率が3倍アップする、といっても過言ではありません。

今回は、独自の機能が光る蛍光マーカーを紹介します。用途別に何本か持っておくと便利なので、気に入ったものがあれば、ぜひ使ってみてください。

◆1つのペン先で2色使える蛍光マーカー
1つのペン先で2色使える「ビートルティップ デュアルカラー」(左)。窓付き芯で、正確にマーキングできる「プロマーク ビュー」(中)。目がチカチカしない「フリクションライト ソフトカラー」。

色に意味を持たせて、紙の情報を色分けしている人は多いでしょう。ところが、使う色ごとにキャップを脱着するのは面倒臭い、と思っている人は、少なくないかと思います。

これらの問題を改善したのが、1つのペン先で2色使える「ビートルティップ デュアルカラー」(コクヨS&T)です。反転させるだけで2色を使い分けることができるため、スピーディな色分けが実現。作業効率がアップします。1本で2色使えるため、収納や携帯にも便利です。イエロー&ピンク、ライトグリーン&パープル、オレンジ&ライトブルーの3種類。6色使う人でも、3本ですみます。

◆窓付き芯でマーキングしやすい蛍光マーカー

蛍光マーカーを使っていると、はみ出してマーキングしてしまうこともあるかと思います。また、従来の蛍光マーカーでは、安定したマーキングがしにくい人も、少なくないかもしれません。

これらの人にお薦めなのが「プロマーク ビュー」(三菱鉛筆)です。窓付き芯の採用で、正確にマーキングしやすくなっています。また、平型フォルムでグリップ感がよく、安定したマーキングを実現。自立するため、机に立てておけるのも便利です。

◆目にやさしい色味、消せる蛍光マーカー

マーキングの数が多いほど、目がチカチカする人は少なくないかと思います。これではせっかく情報整理したのに、見落としてしまう危険性があります。

これらの問題を解決したのが「フリクションライト ソフトカラー」(パイロット)です。淡い色味のため、たくさんマーキングしても、さり気なく目立たせることができます。また、消すことができるため、数字などのデータ資料の色分けに最適。従来の蛍光色のラインナップもあるため、消せるメリットを重視するなら、蛍光マーカーもボールペン同様、フリクションで決まりです。

PickUp