なぜネットカフェの女性客が増えているのか?

ネットカフェの女性客が増えている。背景には、ネットカフェの女性向けサービスが進化し、地方からの上京者や終電を逃した人がホテル代わりに利用しやすくなったこともある。

かつてのネットカフェといえば、暗くて閉塞感があって(筆者の中では)モサい男の巣窟というイメージだった。それが今ではカードキーなどがないと入室できない個室や「女性専用エリア」が続々でき、明るくて清潔なエリアで安心して一夜を過ごせる仕様になっている。

さらに、エリア内にはシャワーやパウダールーム、店によってはコインランドリーやゲルマニウム温浴も設置され、まるでカプセルホテルのレディースプラン。ナノケアスチーマーやヘアアイロンが無料レンタルできる店では、待ち合わせ前に身だしなみを整えに来る人もいるそうだ。

実際女性専用エリアに入ってみると、ここだけアロマのようないい香りが。バリのリゾート地をイメージしたという壁紙やインテリアは街角のネイルサロンのよう。フードやドリンクも充実し、一度入ると長時間過ごしたくなること必至の空間だ。

この夏、池袋などにネットカフェ内にアルコール専用のドリンクバーが設置された店も登場(1000円60分で20種のアルコールが飲み放題など)。密かに、漫画片手にひとり飲みするOLも少なくないらしい。

「ネットカフェはどうしても女性が入りづらいイメージで、利用客の大半は男性か、併設のダーツやカラオケ利用のカップル客でしたので……」

と、女性集客に力を入れる理由を話すのは「快活CLUB」の広報担当。2013年4月から女性専用エリアを順次導入してきた。「おかげさまで女性専用エリアのある店舗は、男女比が7:3と、女性の割合が3割まで増えました」と喜ぶ。

そんなネットカフェ。安く宿泊するには楽園のような場所だが、非宿泊客、つまり休日の昼間にあえてネットカフェで過ごす女性も当然いる。貴重な休日をネットカフェで過ごす人は、そこで何をしているのだろうか。単に暇なのか、それとも万事を排して行くのか。

というわけで、ある土曜日、入退店が最も多い15時から17時過ぎの2時間余り、「快活CLUB」川口東口駅前店の入口でアンケート調査を行わせてもらった。