顧客や上司・部下を怒らせてしまった……。大事なのは、汚名返上に向けた初動の対応だ。「雨降って地固まる」ための行動セオリーとは。

「管理職になったら、もしくは管理職になりそうなら、セクハラには十分気をつけるべきです。新入社員や若手社員がセクハラで訴えられることは少ないですが、会社での立場が上になるほどセクハラ問題になるケースが増えています」

とは、労働法務を専門とする弁護士の向井氏だ。セクハラには「対価型」と「環境型」の2つの種類がある。

胸や尻などを触ったり、性的なことを話題にしたりすることはもってのほかだが、「子供はまだか」と繰り返し尋ねるような行為もセクハラにあたるというのが昨今の裁判の傾向だ。セクハラはパワハラよりも厳しく認定されており、より細心の注意が必要だろう。

「よく知られていますが、外資系企業ではセクハラ事件で即解雇となることも珍しくありません。国内企業に関しては外資系ほどではないにしろ、厳しくなりつつあります」(向井氏)

図を拡大
どちらのセクハラも命取りです

もし、セクハラされた、と女性社員が会社に通報したら、どうするか。

「メールで2人きりの食事に誘ったことや、性的な文面のメールを送ったことなどは調べればすぐバレるので、そこは潔く認めることです。客観的事実・証拠があって、言い訳できないことは『軽率な言動でした。申し訳ありません』と認め頭を下げる。こうした態度をとることがとても大事です。でも核心部分、つまり、飲食中・後にセクハラ行為していないなら、そこはきちんと否認する。音声データなどの証拠でもなければ、会社も、違法行為があったと明確に認定できず、懲戒解雇など厳しい処罰ではなく、降格や配置転換などの処分になることが多いように思います」

各企業の基準にもよるが、自己反省の表明が「大事に至らない」ようにするための善後策となることもあるのだ。

とはいえ、性的な意図は全くなく、激励のつもりで肩や背中を叩いたことがセクハラ認定される可能性もあり、迂闊な言動は厳に慎むべきだろう。とりわけ昇進が決まっているような場合だ。男性上司の出世に嫉妬する部下の女性が、社内で「2人きり」になったことをセクハラされたと訴え、昇進取り消しになる外資系は珍しくない。

「国内企業でも足の引っ張り合いは多く、セクハラ疑惑で失脚するエリート社員も増えています。個人面談などどうしても女性と2人で会うことが必要なら、お酒の入った夕食などは避け、ランチタイムを利用するか、会議室にて個人面談をすると職場に情報を公開するといいかもしれません」