2015年8月19日(水)

夜、冷やし中華とプリンを買うOLは薄毛になるか

買い物カゴ覗き隊が行く【2】

PRESIDENT Online スペシャル

著者
佐藤 秀美 さとう・ひでみ
学術博士(食物学)、栄養士、日本獣医生命科学大学客員教授

横浜国立大学を卒業後、9年間企業で調理機器の研究開発に従事。その後、お茶の水女子大学大学院修士・博士課程を修了。専門は食物学。複数の大学で教鞭をとるかたわら、専門学校を卒業し、栄養士免許を取得。著書に、『栄養こつの科学』『おいしさをつくる熱の科学』(いずれも柴田書店)、『おいしい料理が科学でわかる―日本型健康食のすすめー』(講談社)、『新西洋料理体系第4巻 調理のコツと科学』(共著、ディック社)、『食品学I』(共著、同文書院)、などがある。最新刊『健康診断前2週間で検査数値を改善する本』(自由国民社)が出たばかり。

執筆記事一覧

栄養士 佐藤秀美=文
1
nextpage

なぜ、冷やし中華とプリンではダメなのか

私は買い物カゴ・ウオッチャー。カゴの中身を覗けば、その人の食生活や健康状態がおおよそ推測でき、食生活の改善ポイントが見えてきます。でも、はた迷惑なおせっかいオバサンにはなりたくないので、その人に声をかけたりはしません。

先日、OLさんらしき若い女性が、足早にコンビニの作り置きのお弁当売り場に向かい、他には目もくれず、冷やし中華とプリンをササッとカゴに入れてレジに直行する場面を目撃しました。

どうやら「冷やし中華+プリン」はお決まりのパターンのようです。バリッと着こなしたスーツがオシャレな40歳前後の女性ですが、頭皮が心持ち透けて見えるような気がします。もしかしたら栄養不足のサインかもしれません。OLさんの栄養の摂り方が気になってきました。

ヒトの身体は想像以上にめまぐるしい勢いで新陳代謝を繰り返しています。冷やし中華とプリンに関する考察の前に、新陳代謝の基礎知識をごく簡単にご説明しましょう。

たとえば、肝臓、膵臓、腎臓、腸では、組織のたんぱく質の半分が約10日で新しく生まれ変わると言われています。栄養が不足すれば新陳代謝はスムーズに進まず、見た目の薄毛、シミ、シワといった老化現象だけでなく、免疫の低下で風邪などの病気にかかりやすくなったり、さらには動脈硬化、脂質異常症、高血圧、糖尿病などの生活習慣病になったりということにもなりかねません。

ヒトに必要な栄養素を全て併せ持つ食品はこの世には存在しません。

だから、私たちは毎日いろいろな食品を組み合わせて、必要な栄養素を摂らなければならないのです。以前、「1日30品目の食品を」という言葉が流布し、多くの人が「30」という数字を目指していた時期がありました。確かに30品目くらいの食品を毎日食べていれば、必要な栄養素をバランスよく摂ることができます。

けれども、食べ過ぎによる肥満が懸念されたため、「1日30食品」の言葉は消え、最近では「多様な食品を組み合わせましょう」と言われるようになりました。表現が変わりこそすれ、意図することは全く同じです。色々な種類の食品を組み合わせて栄養を摂ることが、老化の進行や免疫の低下を抑え、ひいては生活習慣病の回避につながるのです。

そこで、冷やし中華+プリンで「30」に達するか検証してみましょう。

PickUp