2015年4月4日(土)

世界のレコード売り上げ推移

アナログレコードの販売量が飛躍的に増えている。ドイツの統計調査会社「Statista」によると、2006年には世界で3400万ドルだった売り上げは13年には2億1800万ドルにまで跳ね上がった。米国でも05年には100万枚だった売り上げが、13年には610万枚にまで増えている。

国内外のレコード市場に詳しい音楽評論家の松永良平氏によると、「音楽配信が始まりCDの売り上げが落ちる中で、00年代後半から米国のインディーズミュージシャンがレコードでの新譜のリリースを始めたのが火付け。加えて00年代以降、若者の間で安価な中古レコードは購入しやすいうえに『かっこいい』というイメージが一気に広がりました」。

欧米よりはやや遅れているが、日本でもレコードの売り上げは回復傾向にあり、09年に10万2000枚だった売り上げは13年には26万8000枚と2倍以上の伸びを見せている。昨年8月に東京・渋谷に中古レコードを主に扱う専門店「HMV record shop 渋谷」がオープンするなど、注目度も高まっている。購買層は30~50代中心。松永氏は、「日本は世界レベルで見るとCDの人気がいまだ高く、欧米ほどの勢いはありません。ですが、近年はインディーズを中心にレコードでのリリースが増え、今後も売り上げは伸びそうです」と予測している。

PickUp