湾岸戦争、9.11、イスラム金融……。今や“イスラム”を知らずして世界情勢は語れないが、同書はその入門書として最適だ。

今夏、観光旅行でエジプトを訪れた。4000年前の多神教から、ユダヤ教、キリスト教、現在のイスラム教への大きな歴史の変遷に興味をもった。社長時代の海外出張と異なる世界を見られ新鮮だった。途中からラマダン月に入ったが、同行のガイドがイスラムの規範を厳密に守る姿に宗教の力を実感した。

自動車業界は今後、脱石油の電気自動車等による新時代に突入するが、その先端技術は希少金属等を産出する新興国が鍵を握る。多様な宗教に基づく価値観をいかに理解するかが日本の将来を左右する。