2012年11月15日(木)

全比較!年収「1500万vs400万」の日常習慣【2】

PRESIDENT 2011年2月14日号

著者
山崎 将志 やまざき・まさし
ビジネスコンサルタント

山崎 将志1971年愛知県生まれ。94年東京大学経済学部経営学科卒業後、アクセンチュア入社。2003年独立後、知識工房、アジルパートナーズ、カジタクなど数社の事業を立ち上げる。『残念な人の口ぐせ』など著書発行部数は累計100万部を超える。

アジルパートナーズ パートナー 山崎将志=分析・文 飯田安国=撮影
1
nextpage
相手の時間の使い方、意味のあるムダ、高年収者に共通する3つの特徴――。アンケートで明らかになった「残念な人」を脱するヒントとは?
調査概要/2010年12月9~11日、マクロミルを通じて、ビジネスマン(派遣、契約スタッフを除く)を対象にインターネットアンケートを実施。有効回答数は618人。うち、年収400万以上500万未満が309人、年収1500万以上が309人。

「やりたくないことリスト」をつくる

仕事をするうえで、目標を設定することが重要なのは言うまでもないが、面白いのは、立てた目標の大小により、その後の時間の使い方まで変わってしまうということである。ソフトバンクの孫正義社長のように、会社を設立して間もないうちから、年間1兆円単位の売り上げを目標に掲げるのと、自分ひとりが食べていければいいというような目標を立てるのでは、時間の使い方が全く異なってくる。目標の大小については人それぞれであり、ここで是非を議論することはできないが、1500万円以上の年収は、大きな目標がなければ絶対に達成できない金額であることは確かである。

図を拡大
56.3%が、人生の目的や目標を常に意識している

「人生の目的や目標を常に意識している」人は1500万円以上だと「あてはまる」で23.6%を占め、400万円台よりも17ポイント以上も上回っている。さらに「人生の目的や目標を意識するだけではなく、実際に紙に書いている」人になると5倍以上の差が見られた。ToDoリスト同様、瑣末なことに見えても、実際に文字にするということの効果の大きさが窺われる。

目標を紙に書くことと同じくらい重要なのは、目標の達成度や進んでいる方向が正しいかどうかを見直す習慣を持つことである。「人生の目的や目標を紙に書くだけでなく、常に持ち歩いたり、見えるところに貼ったりしている」「目標が実現したか、期限を決めてチェックや棚卸しをする仕組みがある」に「あてはまる」人は1500万円以上だと、それぞれ4.4倍、13.3倍となっている。これを見ても、目標をチェックする仕組みができているか否かが、大きな差となっていることがわかる。

PickUp