昨年のガソリン高を背景にプリウスが販売ランキングの上位に入る売れ行きを示したのはまだ記憶に新しい。今年2月に発売されたホンダのインサイトはさらに好調な売れ行きだ。発売から約1カ月間の受注台数が月間販売目標の3倍を超える1万8000台と極めて好調な滑り出しとなった。

環境性能ではプリウスが優位
写真を拡大
環境性能ではプリウスが優位

5000台弱が登録された2月の販売台数は、約半分がディーラーの試乗車だったことを考えるとまだ本物とはいえなかったが、受注台数を見るとインサイトの売れ行きは本物である。シンプルなメカニズムや部品の共用化によって189万円からの低価格を設定したことが、リアリティのあるハイブリッドカーとして幅広く受け入れられた。

インサイトの好調な売れ行きを、黙って見ているはずがないのがハイブリッドの本家を自任するトヨタだ。すでに海外のモーターショーでコンセプトカーをお披露目した3代目プリウスを5月の連休明けにも発売する。一段と高い環境性能を持つだけに、こちらも相当によく売れるのは確実だ。

同時に現行の2代目プリウスも、仕様を変更してインサイトと重なる価格帯で継続販売するといわれている。環境性能で優位に立つ現行プリウスが、インサイト並みの価格で販売されるなら、その選択は相当に悩ましい。

本気で襲いかかる新旧プリウス連合軍に対し、インサイトが現在の勢いをどこまで維持できるか、ハイブリッドカー戦争の本番はこれからだ。2社が競い合うことでハイブリッドカーの市場が拡大していくのは間違いない。