2016年3月3日(木)

一瞬で嫌われる「女性社員へのNG言動」ワーストランキング11

PRESIDENT 2014年5月5日号

FeelWorks代表・青山学院大学兼任講師 前川孝雄 構成=長山清子
1
nextpage
仕事メールに顔文字、会議中のケータイ、ご馳走してもお礼なし。この中で最もバカにされるのはどれ?上司や部下など社内の人、お客様や協業パートナーなど社外の人。それぞれの相手からバカにされる振る舞いがわかった!

女性社員に対する振る舞いでは、男女の意識の微妙なズレが浮き彫りになった。安倍政権は女性の活用を推進しているし、企業側も「もっと経営に女性の力を生かしていかねばならない」と言っている。しかし頭では理解できていても、行動がついていかないというのが多くの男性の実態のようである。

アンケート結果を男女別に見てみると、女性がされたくないことの1位は「『女性はこう』と決めつけ」られること。たとえば「女性は感情的だ」「女性は論理的思考が苦手だ」「女性はおしゃべりだ」「女性は決断力に乏しい」などなど。女性というだけでそういう目で見られるとすれば、たまったものではない。男性は自分のなかの偏見や固定観念をいったん脇に置き、個々人を見て判断するようであってほしい。

図を拡大
社内の女性社員に対する振る舞いとして「バカ」と感じる行為ランキング

「恋人、家族などプライベートを詮索する」ことについては、男性は2番目に高いスコアだが女性は3番目。男性が思うほど、女性は私的な質問をイヤだと思っていないということだ。

これは男女雇用機会均等法をはじめとした法改正も影響しているだろう。ここ10年ほどでセクハラに対する指導も厳しくなった。男性から女性に対するコミュニケーションが、腫れものに触るような遠慮がちなものになってきている。そのせいで距離ができてしまい、放っておかれる寂しさを感じている女性も少なくないはずだ。

「もう一歩踏み込んで関係をつくってほしい」「もっと自分を見てほしい」と思っている人もいるだろう。「ストレートに年齢を聞く」という行為がランキングの最下位であることもそれを裏付けている。

PickUp