2016年2月18日(木)

一瞬で嫌われる「部下へのNG言動」ワーストランキング15

PRESIDENT 2014年5月5日号

FeelWorks代表・青山学院大学兼任講師 前川孝雄 構成=長山清子
1
nextpage
仕事メールに顔文字、会議中のケータイ、ご馳走してもお礼なし。この中で最もバカにされるのはどれ?上司や部下など社内の人、お客様や協業パートナーなど社外の人。それぞれの相手からバカにされる振る舞いがわかった!

1位は、「部下の手柄を自分の手柄にする」。部下にとってみれば、自分が一生懸命やった仕事を上司1人でやり遂げたような顔をされてはたまらない。

図を拡大
部下に対する振る舞いとして「バカ」と感じる行為ランキング

モチベーションも下がり、確かに心穏やかではいられないだろう。「これはうちの○○ががんばってくれました」と本当のことを言える上司のほうが尊敬されることはいうまでもない。

ただし部下の立場に立つと、長い目で見てためになることもあるのだ。なぜならそうすることで上司がその上の上司から高く評価されれば、必ず部下に感謝するようになるからだ。そのため「いいじゃないか、喜んで手柄を差し出そうよ」と私はアドバイスしている。

2位は「責任意識がなく、部下が困っていても逃げる」。本来、上司の仕事は、仕事を任せた「部下の責任をとる」ものだ。部下が失敗してしまったのは自分の指導がまずかったと反省し、困っている部下を助けることができなければ、バカにされても仕方がない。

3位は「自分より先に退社すると怒る」。上司がまだ仕事をしているからといって、「つきあい残業」をするのは前近代的だ。こんなことで怒られてはたまらない。しかしいま、生産性を求められる管理職の多くは、部下を早く帰すようにと会社から厳しく言われている。

それでも上司が怒るとすれば、真意は別のところにあるのかもしれない。たとえば「チームに貢献できる君ならではの仕事がまだあるのに、自己完結するな」という意味で怒っている可能性もある。部下としては、自分が想定していた仕事が終わったら帰るのは自由だ。しかし、ときにはほかのメンバーの仕事に関心を持ち、手を貸すことで自分の仕事の幅も広がる。

PickUp