2015年9月16日(水)

底打ち鮮明! 東京電力「平均年収709万円」は高いか、安いか

人事&給料の謎【18】

PRESIDENT Online スペシャル

著者
山口 俊一 やまぐち・しゅんいち
株式会社新経営サービス 常務取締役 人事戦略研究所所長

山口 俊一人事コンサルタントとして20年超。人事コンサルティングのほか、講演、執筆活動を中心に活躍している。約400社の人事・賃金制度改革を支援してきた人事戦略研究所を立ち上げ、現在に至る。一部上場企業から中堅・中小企業に至るまで、様々な業種・業態の人事制度改革コンサルティングを手掛ける。最新著書は、『業種別人事制度(3)商社・卸売業』『業種別人事制度(6)運輸・物流業』(中央経済社) >>人事戦略研究所サイト http://jinji.jp

執筆記事一覧

新経営サービス 常務取締役 人事戦略研究所所長 山口俊一=文
1
nextpage

関西電力、九州電力とは完全に逆転

原発再稼働に対する、世間の風当たりに揺れる電力業界。

火力発電増加に伴う燃料費増に対して、電気料金の値上げやさまざまなコスト削減などで対処していますが、経営環境の厳しさは続いています。

では、震災以降、電力各社の賃金水準はどのように変化しているのでしょうか。グラフは、東京電力、中部電力、関西電力に、先ごろ川内原発を再稼働させた九州電力を加えた、各社の平均年収の推移を示しています。

グラフを拡大
電力会社の平均年収推移

福島原発事故による多額の賠償金を背負った東京電力。収益悪化が明らかになった2011年度、2012年度には、大幅な年収ダウンを余儀なくされました。しかしながら、その後2013年度、2014年度と、他の電力会社に先駆け、急速に年収水準を戻してきています。今年3月には「東電が2015年度の一般社員年収を、震災前水準の10%減とすることで労働組合と合意」というニュースがありましたので、この傾向は続きそうです。

収益の黒字化が理由のようですが、赤字が続く関西電力と九州電力は、賞与カットなどにより、震災前に比べて平均200万円以上の年収減となったままです。ついに2014年度には、4社の中で東電が最高の平均年収(709万円)となっています。

これって、かなり違和感がありますよね。

確かに、震災前は原発依存度が高く、稼働停止の影響が大きい関西電力や九州電力。そのため収益改善が遅れているのですが、天災によるものとはいえ、実際に事故が起こったのは東京電力です。その東電は、表面上は利益が出ているとしても、巨額の賠償金については、国の資金援助を受けて、棚上げにしてもらっている状態です。

片や、他の電力会社は、言わばトバッチリを受けたかたちです。社員にとっては「何で自分たちが」という思いではないでしょうか。

PickUp