「沈黙という名の地獄」はいつも突然やってくる!深い知識は必要ない。出身県にまつわるキーワードをポンと一言投げかけるだけでいい。あなたが話さずとも相手が喜んで口を開き、場を盛り上げてくれるはずだ。

近畿
京阪神はどこも仲が悪い。互いをほめるような話題はNG

●滋賀県――近江商人の血を受け継ぐ勤勉さは今も健在
○鉄板ネタ:三大和牛の「近江牛」をほめるのがいい。「比叡山延暦寺」「彦根城」「琵琶湖」などの話題も。
×地雷ネタ・タブー:義理を欠くのはタブー。勤勉だけに浪費家は信用されない。
名産・特産:赤こんにゃく、信楽焼

●京都府――外国人観光客の多さなど国際的文化都市の話題も
○鉄板ネタ:おだてに乗らない。寺院の話やマクドナルドの看板の色が他地域とは違う話を振ってみる。
×地雷ネタ・タブー:大阪も神戸も嫌いなので、関西をひとくくりにしない。
グルメ:おばんざい、湯豆腐、はも

●三重県――“お伊勢さん”のお膝元だけにウソを嫌う正直者
○鉄板ネタ:「鈴鹿サーキット」や「志摩スペイン村」「鳥羽水族館」などの話題を。「てんむす」の話も。
×地雷ネタ・タブー:正直な人が多いだけにささいなウソも後で致命傷になる。
名所・旧跡:伊勢神宮、熊野古道

写真を拡大
(右)「鳥羽水族館」は飼育種類数で日本一(写真提供:鳥羽市)(中央)各家庭の夏祭りのごちそうだったといわれる「柿の葉ずし」(写真提供:奈良県橿原市)(左)大阪人の心のシンボル「通天閣」(C)大阪観光局(公財)大阪観光コンベンション協会

●奈良県――相手のペースを崩さず歴史の重みをほめる
○鉄板ネタ:京都に対抗意識が強くコンプレックスもあるので「奈良は歴史の重みを感じます」とほめる。
×地雷ネタ・タブー:マイペースな人が多いので、相手のペースを崩さないこと。
名所・旧跡:東大寺、春日大社、平城宮跡

●和歌山県――熊野古道と南高梅をほめるのが一番
○鉄板ネタ:世界遺産の「熊野古道」や日本一の梅「南高梅」をほめる。「みかん」「備長炭」の話題も。
×地雷ネタ・タブー:選挙好きが多いので、政治の話は避けたほうが無難。
グルメ:雀寿司、高野豆腐料理

●大阪府――食い道楽をほめる。梅田スカイビルのネタも
○鉄板ネタ:食い道楽をほめるのが一番。フグの安さやたこ焼き、お好み焼き、2度漬け禁止の串揚げなど。
×地雷ネタ・タブー:東京への対抗意識が強いので「東京では……」はNG。
名所・旧跡:通天閣、梅田スカイビル

●兵庫県――神戸はセンスの良さをほめられると大満足
○鉄板ネタ:神戸は紅茶にこだわる人が多いので紅茶の話を。西部は「明石焼き」、北部は「出石そば」。
×地雷ネタ・タブー:姫路は神戸への対抗意識が強いので、神戸の話はNG。
B級グルメ:そばめし、かつめし