2014年12月5日(金)

食事のスピードで相性のよし悪しがわかる

達人の考え方、話し方、行動パターン

PRESIDENT 2013年9月2日号

合コン総研アナリスト 松尾知枝 構成=吉田茂人
1
nextpage

食べ方だけでセックスがわかる

「食」は人間の三大欲求の一つだけに、日ごろは立派に繕っている人でも食事という行為を通してその人の本性、男性でいえば「器」が透けて見えます。1回の食事で人間の器量がだいたいわかるものです。女性の目からすると、どれだけ相手の気持ちやペースに配慮できる人なのか、そこに、男性の「レベル差」が一番表れています。実際に男女3000人の恋愛を分析してきた中で、「食事のスピードの合わない人は、肌も合わないよね」という証言がかなりの数を占めました。

食事のスピードが合わせられない男性にも2通りあって、一つは、完全に自己中心的な人で、自分のペースで物事を進めるタイプ。そういう人は夜のシチュエーションでも、相手の女性がまだまだでも、自分さえ早く快楽に達すれば構わないという、独断と偏見の傾向にあります。もう一つは女性と一緒だと緊張して食べるペースが遅かったり、飲んでいるだけで食べない人です。女性ばかりがテンポよく食べると、がっついているように見えてしまい困ります。本当に飲むのが好きな方もいますが、緊張を紛らわすためにお酒をガブガブ飲み、その結果、食事が食べられなくなってしまう人もいます。プライドがあるために、「緊張して食べられない」といわないだけで、こういう男性は夜の部分でも、肝心のときに緊張して、機能しなくなることがあるものです。

また、私にも経験がありますが、交際した男性の中には、付き合いたてのころは食べるペースを合わせてくれたのに、安心した瞬間に、食べるのが速くなってしまった人がいます。「もう少し、ゆっくり味わって食べようよ」とか、「そんなに早くお会計しなくてもいいじゃない」と頼んでも「もういいんだよ。ゆっくり家で落ち着きたいから」といって、釣った魚に気を使わない男性が意外といるものです。

PickUp