2014年7月25日(金)

たった13人の会社が海外進出を軌道に乗せるまで

PRESIDENT Online

著者
中沢 孝夫 なかざわ・たかお
福井大学経済学部 教授

中沢 孝夫1944年、群馬県生まれ。高校卒業後は郵便局に勤務。全国逓信労働組合本部勤務を経て立教大学法学部に入学し、93年に卒業。姫路工業大学(現兵庫県立大学)環境人間学部教授、福井県立大学経済学部教授などを経て、2014年より現職。中小企業経営論、ものづくり論、地域経済論などを専門とする。社団法人経営研究所シニアフェローを兼務。主な著書に『中小企業新時代』『グローバル化と中小企業』『中小企業は進化する』『中小企業の底力』など多数。

福山大学経済学部教授・中沢孝夫=文

フィリピンがマッチした理由

タイは日本からの企業の殺到により、もう工業団地の家賃や地代が高騰しており、また人手不足の深刻化により賃金も高騰し、それゆえいい人材を求めにくいこと。それに対して、フィリピンは英語が通じること。失業率が高く人材が求めやすいこと。日本での取引先が工場展開をしていること。手頃な貸し工場がみつかったこと、などにより決断した。

また現地駐在員として英語のできる人間を新規採用し、日本の工場でトレーニングした。決定から半年後に工場を設営し、日本で使っていた簡単な機械類を運び込んだ。従業員を募集し、三人ほど雇い、駐在員と田中社長で現地工場を立ち上げた。日本ですでに取引のある会社への挨拶。会社案内をもっての未知の会社訪問。日本国内と異なり、どの会社も最初は苦労しているので新規参入にフレンドリーだ。とはいえすぐには仕事がないので、日本の一番易しい仕事をもってきて(つまり日本本社工場の下請け)、従業員に教えた。

田中社長は、各種の書類手続き(日本人向けのコンサルタントもいる)などもあり、立ち上げ時はフィリピン滞在が長かったが、いまでは月に一週間出張する程度である。筆者も2013年の夏の終わりに現地に訪ねたが、「今後、拡大するにしても工場が広すぎるのではないか」と思える大きさにびっくりして聞いてみたら、「フィリピンでもよい場所はどんどん塞がってしまっており、早く決める以外になかった」とのことである。

グローバル化 一覧ページへ

媒体最新記事一覧