2014年7月16日(水)

サントリー佐治会長「やってみなはれ、新浪さん」

PRESIDENT 2014年8月4日号

ジャーナリスト 永井 隆 撮影=村上庄吾
1
nextpage
7月1日に都内で佐治氏(左)、新浪氏が会見。新浪氏が三菱商事出身とあってキリンとの統合交渉に関する質問も。

サントリーホールディングス(HD)の新社長に、ローソン会長の新浪剛史氏が10月1日に就任することが決まった。新浪氏を招いた佐治信忠サントリーHD会長兼社長は10月から会長に専念する。

「サントリーも(創業して)115歳。官僚化が進み、やんちゃボーイ、やんちゃガールが少なくなっている。新浪さんは“やってみなはれ”の人。グローバル化の推進と新しい空気を吹き込んでほしい」と佐治信忠氏。

一方、新浪氏は「自分は三菱商事出身だが、個人の意思で入社するサントリーを海外で戦える会社にしていきたい。(2009年にキリンHDとの統合交渉が表面化したとき)佐治さんが考えたのだと思った」などと話した。

今回のトップ人事を主導した佐治信忠氏は、サントリー4代目の社長である。これまで、どのように同社のグローバル化に関わってきたのか。

信忠氏は1945年11月生まれ。祖父はサントリー創業者の鳥井信治郎氏。父親はサントリー第2代社長の佐治敬三氏。また母方の祖父は戦艦「大和」の設計者であり、第13代東大総長を務めた平賀譲氏。68年に慶大経済学部を卒業した信忠氏は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院を修了。ソニー商事を経て74年にサントリーに入社する。

最初に頭角を現したのは80年。ペプシコーラの在米ボトリング会社の「ペプコム社」の買収を、信忠氏が手掛けたのである。

これは98年から日本国内でサントリーがペプシコーラを販売するきっかけにもなるが、ペプコム社買収を皮切りにM&A(企業の合併・買収)を数多く実行してサントリーはグローバル化を推し進めていく。この80年の一件からM&A戦略と海外戦略とを、ほぼ一貫して担ってきたのは信忠氏だった。82年に取締役になり、90年に代表権を持つ副社長に就任、社長に就いたのは01年である。

M&Aとしては83年の仏ボルドーの名門シャトーであるシャトーラグランジュの買収をはじめ、「近年ではニュージーランドのフルコア社、フランスのオランジーナ社、英国の老舗ブランド、ルコゼードとライビーナ、さらに、今年5月の米ビーム社。大型買収でサントリーは一気にグローバル化の進展を図っている」と信忠氏。

もっとも、サントリーは日本企業の中では早い時期から、グローバル化に着手していた企業だった。

特に、巨大市場の米国に自社製品を売り込もうと、先駆けて挑戦したのはサントリーだったろう。禁酒法が廃止されたばかりの34年から、山崎蒸留所でつくったジャパニーズウイスキーの対米輸出を始めたのだ。前代未聞のビッグチャレンジを実行したのは、「やってみなはれ」を唱えた創業者の鳥井信治郎氏。

ソフトバンクはもちろん、ソニーやホンダが誕生する以前だったが、第二次大戦により輸出できなくなってしまう。

PickUp