日本における傘の年間販売数は約1億3000万本で世界一。このうち、過半数をビニール傘が占め、そのほとんどが中国製だ。そんなアウェーな環境でもビニール傘を作り続けるメーカーがある。ホワイトローズ。1958年、日本で初めてビニール傘を作った会社である。社長の須藤宰氏は話す。「当時、『日本中をビニール傘で埋め尽くしたい』という夢をもっていたのですが、ビニール傘が主流になれば、繊維メーカーや傘職人がいらなくなりますから、業界から総スカンでした」。

それが、60年代後半からのミニスカートブームに乗って若い女性向けに開発したミニビニール傘でブレーク。国内に競合が50社もできるほどだった。

ところが80年代から中国や台湾で安い傘が作られるようになり、大打撃を受けた。日本のメーカーが戦線離脱するなか、ビニール傘を細々と作り続けてきた。

図を拡大
1人当たりの傘の購入数No.1は東京都

波瀾万丈の傘メーカー。選挙の際に候補者が使う丈夫で透明な傘「カテール」(5400円)で有名になった。それでも売れる本数は1回の選挙で600本程度。やっと光が見えてきたのは、つい最近のことだという。美智子皇后陛下用にとの宮内庁からの依頼に、傘作りの全技術を搭載したビニール傘を作り、話題に。「縁結(えんゆう)」(8640円)という名前で一般向けにも販売したところ、欠品するほどの人気ぶりなのだ。

「この60年、ヒットを出しては追随されて窮地に陥ってきました。今はできるだけ数を売らないこと、そしてマネができないほど面倒な作りにすることが秘訣だと思っています」(須藤氏)