2013年2月18日(月)

1000人調査! 一番使える英語教材、裏切られた学習法【1】

PRESIDENT 2011年4月18日号

1
nextpage
調査概要/gooリサーチとの共同で、インターネットを通じて調査を行い、1031人から回答を得た。調査期間は11年2月10日~13日、調査対象は30~50代の働く男女。

TOEICで仕事の実力がわかる

「ここのところの英語学習への関心の高さはすごい。久々の大きな波です」。ビジネスマンや学生から「カリスマ英語講師」と呼ばれる安河内哲也氏は語る。楽天やファーストリテイリングの英語公用語化をきっかけに、「英語学習熱」が一気に盛り上がっているのだ。

図を拡大
図1・2

プレジデントでは、30歳以上の留学経験のないビジネスパーソン1000人を対象に、TOEICや英語学習についてアンケート調査を実施した。対象者は、偏りが出ないよう、TOEIC470未満、470~730未満、730以上の人数が3分の1ずつになるよう抽出しており、各スコアレベルごとの年齢分布も30代、40代、50代で均等だ。

アンケートによると、62.6%が自分の勤務先で英語が公用語化されると困ると答えている(図1)。『残念な人の英語勉強法』の著者、山崎将志氏は「『英語公用語化』に対して誤解があるのでは?」と指摘する。

「朝の挨拶から普段の雑談まで、すべて英語にするわけではないはず。業務で使う単語を英語に置き換えるところから始まると考えれば、そう恐れる必要はありません」

TOEICのスコアを採用や昇進の基準にする企業も増えている。ただ、今回の調査ではまだ28.9%と、3割にも満たない(図2)。

PickUp