お金持ちの財布には共通点が多い。色形はもちろん、何より驚かされるのは、そのスマートな美しさだ。なぜ、彼らは“たかが財布”をさほどに大切にするのか。その秘密を覗いてきた。

邱 永漢さんのお財布

写真を拡大
邱 永漢さんのお財布

ブランド●ブルガリ
購入時期●1年くらい前
所持金●13万円
お札●上から1000円札、5000札、1万円札。頭上、角揃え
小銭●持たない
カード類●クレジットカード10枚(海外口座のもの含む)、ポイントカード3枚、保険証、名刺
領収書●随時、秘書が処理
ATM●銀行が来るので使ったことがない
電子マネー●不使用
こだわり●上等のものを使用


 

事業家・作家 邱 永漢氏

【亀田潤一郎】私が『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』という本を書いたのは、日本に蔓延しているお金に対する漠然とした不安を払拭して、世の中をもう少し明るくしたいという願いがあったからです。邱先生は、ブルガリの長財布をお使いですね。

【邱 永漢】これは女房がくれたの。僕は昔から上等な財布を使っていて、エルメスのワニ皮の財布を買ったこともありました。30年前に、10万円ぐらいしたね。

【亀田】当然、2つ折りではなく、長財布でしょうね。

【邱】2つ折りってあるの? 折ったらお金入らないでしょう。

【亀田】ああ、入れるお札の枚数が桁違いなんですね(笑)。