2013年1月24日(木)

我慢できない仕事がみるみる好きになる法

PRESIDENT 2012年9月3日号

1
nextpage
どうしても今の仕事が自分にそぐわないと考えたとき、すぐ浮かぶのは転職という言葉であろうが、その選択肢はリスクも大きい。今の会社にいながら状況を180度変える方法はちゃんと存在するのだ。

転職せずに嫌な仕事から逃げるには

誰しも今の仕事はどうしても自分に合わないと思うことがあるはずだ。その原因はお門違いの分野にいるためかもしれないし、仕事そのものに意義を見出せないためかもしれない。また、同僚がどうも信頼できないためかもしれないし、きわめて無能だと感じる上司の下にいるためかもしれない。

いずれにせよこのような場合には、ほとんどの人がもっと自分に合う仕事を探すべきだとアドバイスするだろう。

だが、景気が悪い、家族を養わねばならない、自分の専門分野では機会が少ないなど、さまざまな理由で会社を辞められないときがある。自分に合わない仕事から転職という方法で脱出できないとしたら、我々はどうすればよいのだろう。

ミシガン大学ロス経営大学院の経営学・組織論教授で『Creating Sustainable Performance』の共著者、グレッチェン・スプライツァーによれば、人々が仕事に大きな不満を持つのは、自分にとって意味のない仕事や学習の機会がほとんどないような仕事、あるいは毎日くたくたになるようなハードな仕事についているときである。

不満の理由が何であれ、それをただ我慢する必要はないし、会社を辞めて転職先を探す必要もない。それどころか、転職先が見つかった場合でも、今の会社にとどまるのが最善の策かもしれない。

「そもそも職探しや転職というものは決してささいな問題ではない。それは吉と出ることもあるが、往々にしてキャリアの向上や収入の面で損になってしまうことがある」と、イェール大学経営大学院の組織行動論准教授で、 『Turn the Job You Have in to the Job You Want』の共著者、エイミー・レズネスキーは指摘している。

幸いなことに、自分の仕事を変える余地というものは、たいていの場合、自分自身が思っているより大きいものだ。「動ける範囲や変えられる範囲は間違いなくあるのだが、人々は概してそれを認識していないものだ」と、レズネスキーは言う。不完全な状況から最大限のプロフィットを引き出す方法を次に紹介しよう。

PickUp