激しいリストラを生き残った理由

「社内ではジャケットを脱ぐことが多いので、シャツにはこだわっています」

上質なシャツに身を包み、余裕のある口調で話すのは、外資系金融で働く根本雄一さん(仮名、30歳)。リーマン・ショックで「これまで経験したことのない」ほどの人員削減の中、見事生き残ったうちの一人だ。「部署によっては半数以上が切られました。専門スキルが高い人が残りましたが、結局は、上層部の意向次第です」と話す。

現在の年収は約2000万円。だが私用でタクシーは使わず、デート代も安い店なら割り勘とお金にはシビアだ。

「上司のリストラを目の当たりにして一層、『お金を貯めよう』と思いました。今も仕事が保証されているわけではないので、稼げるうちに稼いでリスクヘッジにしたい」と、毎月月収の半分近くを貯蓄に回す。今、資産として目指す数字は5億円。

「出世や地位にはあまり興味がない。将来いくらもらえるかが大切なんです」

一方で「明日死んでも悔いのないように」と、先のことは考えすぎないようにしている。平日は毎朝8時から22時頃まで猛烈に働くが、ワインやゴルフといった趣味をたしなむほか、休暇は南の海でダイビングなどをして過ごす。