小池百合子東京都知事が国政政党・希望の党の代表を辞任しました。小池氏の判断、党所属国会議員の行動について橋下徹氏はどう考えるのか。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(11月21日配信)より、抜粋記事をお届けします――。

(略)

ふざけた国会議員のために共同代表なんてやってられない

小池さんは、希望の党が50議席を獲得したにもかかわらず、結局希望の党の代表を辞任してしまった。この点について、無責任だ! という批判の声が強い。確かに自ら招いた結果というところはあるけれど、でも今の希望の党の状況だったら、代表なんかやってられないよ。

ほんと国会議員って、とんでもない奴が多い。特に当選のためだけに策をめぐらせるという奴が多過ぎる。だいたい民進党から希望の党に流れてきた連中は、民進党の看板じゃ選挙は戦えない、すなわち自分たちは落選するという判断の中で、小池さんの看板を頼って希望の党に合流したんじゃないのか?

小池さんの態度振る舞いが、選挙結果に影響したところもあるのかもしれないけど、それでもお前らは小池さんの力を頼ったんだろ? 自分たちでは勝てないから、勝つために自分の判断で希望の党に入ったんだろ? それなのに結果が思うようにいかなかったからと言って、小池さんに文句を言うなんて、どういう神経をしているんだろう。

中には小選挙区では落選し、希望の党の看板によってかろうじて比例復活した奴が、「半分は自分の力で獲得した票ですから」なんて、ぬけぬけと言っていたけど、お前は民進党のままなら比例復活はできていないんだよ! ボケ! 自分の立場を弁えろっていうんだよ。

(略)

国会議員には、この手のタイプが多いんだよ。当選しちゃうと、自分の力だけで受かったと勘違いしちゃうのがね。日本維新の会、維新の党にもそんな連中がゴロゴロしていたね。

小池さんは、希望の党の国会議員にあれだけ文句を言われてもよく我慢したよね。小池さんは謝罪までしていた。僕なら完全にブチ切れているね。文句があるなら出ていけ! 自分の力では当選できなかったくせに、ボケ! ってね。だから僕は政治家には向かないんだ。

橋下徹公式メールマガジン 好評配信中!Vol.81は11月28日配信予定
政界に突然彗星のごとく現れた男は、大阪の何を変え、誰と戦い、何を勝ち得たのか。改革を進めるごとに増える論敵、足を引っ張り続ける野党との水面下での 暗闘をメルマガ読者だけに完全暴露。混迷が続く日本経済、政界の指針を明確に指し示します。元政治家、弁護士、そして7人の子どもを持つ親として、読者からの悩みごとにもズバリ答えます!

橋下徹と直接やりとりできる、唯一のコミュニケーションサロン、「橋下徹の激辛政治経済ゼミ」へのご入会はこちらから!→ http://ch.nicovideo.jp/toruhashimoto