自民党を黙らせるための政治決戦だった今回の都議選

さて、終わった選挙を一々分析しても仕方がないし、選挙分析はその辺の自称インテリに任せればいいので、僕は都民ファーストの会の今後、そして日本の政治の今後について考えてみる。それも小池さんと同じようなことを経験した僕ならではの視点でね。

まず都政においては、これで小池さんは都議会自民党からの嫌がらせを気にすることなく、思う存分「小池都政」を進めることができる環境になった。逆に言えば、この環境で都政改革を進めることができなければ全て自分の責任となり、簡単に逆風が吹く。

元々小池さんが都民ファーストの会を作らなければならない理由は「論理的には」不明だった。小池さんの予算に自民党は賛成だったし、築地市場についても小池さんは豊洲への移転を表明し、これも自民党と同じ考え方だ。だから何のために都民ファーストの会が必要なのかが見えない。

しかしそれは論理の話であって、政治的には小池さんが自分と合わない自民党議員を追い出すというもの。政治って結局こういうものなんだよね。権力を持った者と権力を持った者がぶつかった場合には本来殺し合いでの解決になる。しかしそれを民主国家においては投票という形で解決することにした。

今回の都議会議員選挙は、まさに小池さんが気に食わない自民党議員を追い出すため、また小池さんに文句ばっかり言ってくる自民党国会議員を黙らせるための政治決戦だった。自民党からすれば、自民党にたてつく小池さんの首根っこを押さえるための政治決戦。まあこれをきれいな言葉で言えば「古い都議会の総入れ替え」「都議会改革」「知事の暴走を止める」という言葉になるんだけどね。

確かに東京都議会は、地方議会の中でもかなり酷い議会。常任委員会のインターネット配信が行われていないし、政務調査活動費の領収書のインターネット公開もまだ行われていない。それでいて議員に公用車がある。これまでの都議会はこのようなことを放置していた。

それに小池さんに対するこれまでの対応も有権者は厳しく見ていたんだね。小池さんが知事に就任した時に自民党にあいさつに行ったら、社会人マナーに外れる冷たい対応をした。

そうそう、僕も市長就任時に、選挙で戦った市役所職員労働組合の委員長に握手を求められて断った。でもこれは僕の部下から求められた握手だからね。普通の会社で部下から社長に握手を求めることって僕は聞いたことがない。しかも当時の組合には色々問題が山積し今からその改革に乗り出そうとしていたときだったからね。

政治をやっていると感覚がおかしくなってくる。自分のほんの少しの周囲の世界でしか通用しない感覚で、全てを判断するようになってくる。小池さんが知事に就任した時には、都議会自民党は都議会においては絶大な力を持っていた。だから小池さんを軽く見て、あんな態度をとったんだろう。小池さんの背後に有権者が存在することを都議会自民党は完全に見落とした。

そして東京都の有権者はこれまで都議会のことなど考えたこともなかっただろう。小池さんが知事に就任してから、連日都政を見聞きするようになった。そこで疑問がどんどん膨らみ、強烈な怒りに変わっていった。これまでの都議会を変えたいという有権者の意思表示が示されたことは当然だろう。

選挙で有権者から鉄槌を下されて、政治家はハッと目覚める。自分たちのこれまでのやり方を変えなければ、と。民主党が政権を獲って下野した経験を持つ自民党。政権を奪い返した後は、確かにこれまでの自民党と変わっていた。ところがしばらくの安倍一強の下で、また有権者の感覚と離れていき、今回鉄槌が下された。大阪でも僕が市長のときに色々な改革案件に反対してきた市議会自民党・公明党は、大阪維新の会の吉村洋文さんに大阪市長選で完敗すると、その後吉村さんの粘り強い交渉も合わさって次々と改革案件に賛成するようになった。選挙の結果によって政治家の態度が変わる。これこそが選挙の最大の効果。

自分の気に食わない議員を追い出すための選挙なんておかしい! と自称インテリは言うかもしれない。自称インテリは「議会と話し合いを!」と言うけど、政治の世界は妬み嫉みが渦巻く世界。合理性を基にした話し合いよりも人間的な好き嫌いが強く影響する。

一見、都議会自民党は小池さんの予算にも賛成し友好的に見えても、腹の底ではコンチクショーと思っているから、隙があったら足を引っ張ってやろうと狙っている。そんな環境よりも、完全に自分を支持してくれる都民ファーストの会が中心となる都議会になれば小池さんにとっては心強いし、都政がやり易くなるのは間違いない。

※本稿は、公式メールマガジン《橋下徹の「問題解決の授業」》vol.61(7月4日配信)からの引用です。もっと読みたい方は、メールマガジンで!! 今号は《【都民ファースト大躍進】大阪維新とのタッグで日本の政治は新しい次元へ!》特集です。