歴代知事の誰もできなかった都議会の「入れ替え」

今、7月2日の昼。東京都議会議員選挙の投開票日。報道や各種情勢調査によれば、小池百合子東京都知事が率いる「都民ファーストの会」と公明党だけで都議会の過半数64を確保する模様。その他の小池さん支持政党を加えると圧倒的に過半数を超えるとのこと。

小池さん、大勝利。

小池さんは首長なので何をするにしても批判の矢面に立つ。僕も小池都政に対しては色々と文句を言ってきた。完全に無責任なコメンテーターとしてね(笑)

でも政治は結果。そして有権者の判断。僕も含めて自称インテリは口ばっかりで小池さんを批判するだろうけど、小池さんはこの選挙の結果を受けて、ガンガン都政改革、そして日本の改革に突進して欲しい。

口で批判するのは簡単。しかし行動するのは想像を絶するほど大変。一から政党を作って、既存の政党しかも一強と言われていた自民党とガチンコで対決して自民党を粉砕した。それまで小池さんを敵対視していた自民党メンバーを吹き飛ばした。これぞザ・選挙。

僕も大阪でやった経験があるから言えるけど、この小池さんの政治的行動は、高く高く評価されなければならない。もちろん小池都政に問題はある。だけど小池都政に一部問題があるからと言って、小池さんのやることなすことを全否定するのはおかしい。

都議会を入れ替えるなんて、歴代の知事は誰もやらなかった。直近で言えば、石原慎太郎さん、舛添要一さん、猪瀬直樹さん。彼らもそれまでの都議会に文句はあっただろうけど、都議会を入れ替えるという行動まではとれなかった。猪瀬さんも都知事を辞めてから、「都議会のドン」批判をし始めたけど、自分が都知事の時には都議会の問題を解決しようとはしなかった。

今回、小池さんが都議会を入れ替えることに乗り出し、成功した。自分自慢にもつながってくるけど、こんなこと普通じゃできないこと。小池さんにはこの政治的資源を最大限に活用してもらいたい。

少し前まで盤石だった安倍自民党が今、猛逆風に遭っている。日本の民主主義はまだまだ機能している。森友学園問題、加計学園問題、稲田朋美防衛大臣の失言問題などに対する政権の対応について、有権者は強烈な鉄槌を下した。安倍政権はこれまでの対応を180度変えざるを得ないだろう。

小池さんも、今回の政治的資源をうまく活用できなければ今度は逆風に遭う。僕も大阪維新を結成してから追い風を受けたり逆風を受けたり。まあこれが政治であり、今振り返って見るとほんと楽しい人生だったけどね(笑)

橋下徹公式メールマガジン 好評配信中!Vol.62は7月11日配信予定
政界に突然彗星のごとく現れた男は、大阪の何を変え、誰と戦い、何を勝ち得たのか。改革を進めるごとに増える論敵、足を引っ張り続ける野党との水面下での 暗闘をメルマガ読者だけに完全暴露し、混迷が続く日本経済、政界の指針を明確に指し示す。政治家、弁護士、そして、7人の子どもを持つ親として、読者からの悩みごと、相談に、ズバリ答えていく。大物との対談も掲載!