2016年3月28日(月)

1
nextpage
個人消費に明るい兆しが見えてくるようになった。しかし、多くの会社ではどうしたら顧客ニーズをつかみ、売り上げにつなげられるか悩んでいる。その解決策を若手の凄腕営業マン・販売員に学ぶ。

10~20代の女の子なら知らない子はいないほど、若い女性から支持されている人気ブランドの「セシルマクビー」。全国約150店舗のレディスファッション専門店を展開するジャパン イマジネーションが、そのショップを運営している。

セシルマクビーで最大の売り上げを誇る旗艦店は「渋谷109店」。ファッションの聖地として、若い女性客が押し寄せる東京の「渋谷109」の中にある。その店舗には、販売成績で全店約1100人の頂点に立つ石田有香さんもいる。1カ月に平均400万~500万円を売り上げるというカリスマ販売員なのだ。

ジャパンイマジネーション ファッションアドバイザー 石田有香さん

石田さんは、母親の影響で幼いころからファッションへの関心が高く、高校卒業後、東京都江戸川区の実家近くのショッピングモールにあったアパレルショップで、アルバイト店員として働き始める。販売員としての基本はそのアパレルショップで学んだと、石田さんは振り返る。

「お客さまが少ないお店で、1時間に1~2人しか来ないときもザラでした。でも途中で、服をバンバン売るスタッフが来たんです。その人が積極的にお客さまに声をかけているのを見て、自分でもやってみようと思いました。そうしたら、お店の売り上げの半分くらいを稼げるようになったんです」

そして、石田さんは13年5月、セシルマクビー渋谷109店にアルバイトとして入る。「一番のお店で働きたい」というのが動機だった。ところが、石田さんは大きな挫折を味わう。最初は思うように販売できず、1日の売り上げがスタッフ約30人の中で、最下位になってしまったのだ。悔しさのあまり、帰宅の途中で涙をこぼす日が続いたという。

「先輩たちに追いつきたいと必死でした。売り上げナンバーワンの先輩は、動作がキビキビとしていて、お客さまへのアプローチも断然多いんです。ファッションもバッチリ決まっていました。そこで、その先輩を見習うことにしたんです」

石田さんは次第に頭角を現し始め、半年ほど前からは販売成績で全店トップクラスの座を占めるようになったのだ。

PickUp