特に「中年」と呼ばれる男性にとって、薄毛の悩みは深刻である。育毛剤を使ったり、「毛が生える」と謳ったシャンプーを買ってみたり、すがる思いで対策をとっている人も少なくないだろう。しかし、朗報がある。別府の温泉を研究してきたサラヴィオ中央研究所が、発毛・育毛を可能にしたのだ。所長の加世田国与士博士は語る。

「私たちは『温泉に入るとなぜ体が楽になるのか?』という素朴な疑問から研究をスタートし、温泉に潜む新種の『藻』と『温泉酵母』の存在を突き止めました。その研究を進めるうち、偶然発毛との関係を発見したのです。温泉酵母からつくり出したオリジナルエキス(M-1育毛ミスト)を塗布すると、頭皮のミトコンドリアが活性化され、毛が生えます」

休眠状態の毛根を「起こす」システム

何ともびっくり仰天な話であるが、発毛・育毛のメカニズムについて、加世田氏に簡単に説明してもらおう。

写真を拡大
ある男性が1日2回M-1を塗布した結果。その差は歴然!

「ミトコンドリアは、細胞内の構造物の一つ。細胞の中でエネルギーを生産しています。といっても、解明されていない謎も多く、毛根にある『毛乳頭細胞』内のミトコンドリアが関係する発毛調整機構を私たちは発見しました。休眠状態の毛根を起こし、毛を生やすシステムを確立したということです」

休眠状態とはどういうことか。そもそも毛には「ヘアサイクル」という成長過程がある。一度毛が生えてくると、毛が伸びる「成長期」(2~5年)、毛根が退化し、毛の成長が弱まる「退行期」(約2週間)、毛が抜け落ちて毛根の成長が止まる「休止期」(約3カ月)という3つの時期を経て、同じ毛根からまた新しい毛が生える「成長期」を迎える。この繰り返しは人類共通である。それなのに髪が薄くなるのは、毛の成長が休止期で止まってしまい、毛根が休眠状態になるからだ。