2016年2月16日(火)

「自民党不倫」辞める宮崎議員、辞めない中山議員の決定的な違い

NEWS FILE

PRESIDENT Online スペシャル

1
nextpage

大阪ダブル選挙に続き、町長選も敗北

自民党の宮崎謙介衆院議員は2月12日、女性タレントとの不倫問題で大島理森衆院議長に議員辞職願を提出した。4月24日に衆院京都3区補選が行われる。“イクメン”議員のまさかの裏切りに世論の反発は大きかった。

週刊文春 2016年2月18日号より

しかし、自民党議員が報じられた不倫は、“イクメン”議員だけではない。“ベストファーザー賞”を受賞した自民党大阪府連会長の中山泰秀議員である。

中山議員は、週刊文春(2015年11月5日号)で、東京の高級クラブ「H」に在籍する美人ホステス(タレントのダレノガレ明美似)を高級ホテル「グランドハイアット東京」にお持ち帰りしているところをツーショット写真とともに報じられている。さらに、フライデー(2015年12月21日号)では、その高級クラブ「H」に政治資金で通っていた事実を指摘され、「正式な仕事で使った」と回答している。

米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市長選(1月24日投票)で勝利し、地方選での「連敗ドミノ」を断ち切ったかに見える自民党だが、その党勢に乗れず押されっぱなしなのが、中山議員が会長を務める大阪府連だ。昨年の知事・市長の大阪ダブル選での敗北に続き、公認候補を擁立して臨んだ町長選でも完敗しており、今年夏の参院選を控えて不安が渦巻いている。

PickUp