2016年1月26日(火)

一番優先したいものは何ですか? 「ズレ」活用のお得ワザ6

ビジネスパーソン的節約術 【第29回】

PRESIDENT Online スペシャル

著者
矢野 きくの やの・きくの
家事・節約アドバイザー

矢野 きくの明治大学経営学部卒。人材ビジネス業でのキャリアコンサルタント、家電PCメーカーでのテクニカルサポートを経て現職。女性専門のキャリアコンサルタント経験から、女性が働く為には家事からの改革が必要と考えてキャリアチェンジ。家事の効率化、家庭の省エネを中心にテレビ、雑誌、講演ほか企業サイトや新聞にて連載。TVクイズ問題の作成や便利グッズの開発にも携わる。著書に『幸せな時間とお金を生み出す! シンプルライフの節約リスト』(講談社)、『47テーマで学ぶ家計の教科書』(TAC出版)など。
・ブログ「暮らしのクリップ」 http://blog.olsyuhu.net/ ・Facebookページ https://www.facebook.com/kikuno11

執筆記事一覧

矢野きくの=文
1
nextpage

狙い目は「仏滅」

節約を考えるとき様々なアプローチがあるわけですが、その中のひとつに「ずらす」ということがあります。分かりやすい例で言うと、スーパーで売られているお弁当、夕方になったら半額シールが貼ってあってお得に。これも時間をずらしたからできた節約ですね。今回はずらすことによってできる節約を考えてみたいと思います。

▼結婚式

六曜の仏滅。昔に比べて気にする人は減ってきていますが、それでも結婚式ではまだまだ仏滅を気にして日程を決める方も多いようです。そのため多くの結婚式場で用意されている料金プランが「仏滅割引」。割引率は式場によって違いますが、基本料金の10%引きなどでも元の金額が大きいので、10万単位、場合によってはそれ以上の金額の節約になります。

▼引っ越し

引っ越しも仏滅を避ける人が多いため、仏滅割引を実施している会社があります。さらに作業開始が朝一の便よりも、朝一の便が終わり次第という時間が確定していない便のほうが安くなるケースもあるので、時間に余裕がある場合は検討してみてはいかがでしょうか。

▼居住エリア

借りる場合も買う場合も住む場所として人気なのは、急行が停車するなど乗り換えが便利な駅で、さらに駅から近く、買い物できる場所も充実しているなどの条件があげられます。

しかしこれも価値観を少し変えると節約に繋がります。人はまったく運動しないよりも毎日多少の運動をしたほうがいいのは周知の事実でしょう。しかしビジネスパーソンはなかなか運動をする時間がとれないという人もいます。駅から徒歩20分の物件であれば、否応無しに毎日往復40分歩くことになるわけです。「朝から疲れる」など感じる方もいるかもしれませんが、実はこれ、1カ月もしないうちに慣れてしまうものです。当然ながら物件の価格も安いので大きな節約になります。

また大きくておしゃれなショッピングモールがある町も人気ですが、その分、渋滞が発生して休日に出かけるのも一苦労というケースもあります。大きなショッピングモールのある隣町に住むことで、気軽にショッピングモールには行けるし、渋滞などで悩まされることもなくすことが可能です。

PickUp