2016年2月9日(火)

便利なだけでなく、節約にもなる「多機能グッズ」6

ビジネスパーソン的節約術 【第30回】

PRESIDENT Online スペシャル

著者
矢野 きくの やの・きくの
家事・節約アドバイザー

矢野 きくの明治大学経営学部卒。人材ビジネス業でのキャリアコンサルタント、家電PCメーカーでのテクニカルサポートを経て現職。女性専門のキャリアコンサルタント経験から、女性が働く為には家事からの改革が必要と考えてキャリアチェンジ。家事の効率化、家庭の省エネを中心にテレビ、雑誌、講演ほか企業サイトや新聞にて連載。TVクイズ問題の作成や便利グッズの開発にも携わる。著書に『幸せな時間とお金を生み出す! シンプルライフの節約リスト』(講談社)、『47テーマで学ぶ家計の教科書』(TAC出版)など。
・ブログ「暮らしのクリップ」 http://blog.olsyuhu.net/ ・Facebookページ https://www.facebook.com/kikuno11

執筆記事一覧

矢野きくの=文
1
nextpage

「ひとつ」でいくつもの働き

昭和の時代と比べて、私たちの生活には数えきれないほどのモノであふれています。そのぶん便利になっているのでしょうが、マイナス面も無視できません。

まずは収納する場所の確保。土地が高い日本ですから、収納場所にお金をかけるのはもったいないことです。そして意識していない人が多いのですが、モノが少ないと時間の節約になることも見逃せません。まずは散らかりづらくなりますから、片付けの時間が節約できます。また何か必要なものを取り出そうとするときにも、少ないモノの中からのほうがサッと見つけ出せるという利点があります。

そういった視点から考えると、多機能グッズというものは、時間の節約に大きな貢献をしてくれるのです。今回は身近にあると便利な多機能グッズをご紹介したいと思います。

▼タッチペン兼用ボールペン
フリクションボールやジェットストリームなどのペン先に装着すると、タッチペンとしても使えるようになる。
「SMART-Tip」
http://www.assiston.co.jp/2590 )

スマートフォンやタブレットなどを持ち歩いている人の中には、ペン先で画面を操作できるタッチペン(スタイラスペン)も持ち歩いている人も少なくないでしょう。それとボールペンを兼ねられれば、カバンの中で行方不明になったタッチペンを探すことも減るでしょう。「SMART-Tip」という名のこの商品、その正体は「ペン先だけ」。要するに、普段使っているペンにタッチ機能も持たせることができる商品なのです。適応しているペンは限られていますが、フリクションボールやジェットストリームなどメジャーな製品に対応しているので、多くの人が利用できるのではないでしょうか。

PickUp